きょーちか旅行ブログ

きょーちか、それは旅する実体験ブログ

【嵐山】古民家ならぬ"民家カフェ"でゆっくりランチ

f:id:KyoChika:20141203051650j:plain

 

落ち着ける空間で浴びるいっぱいの陽光ー

 

民家カフェでいただくランチ

嵐山の農家で一面のコスモス畑に出会った私は、悲鳴をあげるお腹を抱えてランチスポットへ向かいました。今日のランチは「風陶」さん。自転車で住宅地を探検している時に見つけたお店です。そこは古民家カフェならぬ、真の民家カフェでした。

 

f:id:KyoChika:20141203051649j:plain

 

f:id:KyoChika:20141203051655j:plain

 

普通のお家にしか見えぬ玄関にお邪魔してから、裏手に回ります。するとそこには陽光をいっぱいに浴びる気持ちのよいテラス、そして店内にはフカフカのソファと畳のお座敷がありました。

 

f:id:KyoChika:20141203051653j:plain

 

f:id:KyoChika:20141203051652j:plain

 

一見するとごく普通の民家、中に入ればお食事どころ。だけどそこは、どこか落ち着く空間なのでした。

 

心と身体があたたかくなる場所

「今日はどこから来たの?」と店員のお姉さんから話しかけられます。家族でカフェを経営しているようで、これまたおばさまも話しかけてくれます。何だか段々と友達の家に来ている気持ちになってきました。

 

お食事のメニューは京野菜カレーセットの一種類のみ。サラダと食後のコーヒー、お茶菓子がついて税込み800円とお財布にも優しいお店。

 

f:id:KyoChika:20141203051651j:plain

 

巨大な里芋、細長いにんじん、野沢菜など普段食べるカレーとはまったく異なる見た目・そして食感をもつ一品。歯ごたえの良い野菜たちシャリシャリとかじりながら、お座敷に注がれる太陽の光で光合成…なんて気持ちのよいお店なのだろう。

 

路地裏で出会えるステキなランチ空間 

f:id:KyoChika:20141203051654j:plain

 

店内にはご家族の作品も展示販売されていました。

 

一品の料理ということで効率的だけど、京野菜という地域性を出している。民家を探検していると出会える気持ちのよいテラスと店内。スタバばっかりではなくて、こういった非チェーン店をどんどんと巡りたい。そう思えた風陶でした。

 

いつも最後までお読みいただきありがとうございます。おおきに!

 

Cafe gallary 風陶