今こそ!福井県立恐竜博物館と天空の城への旅行

SHARE

今こそ!福井県立恐竜博物館と天空の城への旅行

f:id:KyoChika:20150524182523j:plain

Wikipedia曰く「日本を代表する博物館」

新幹線で北陸が活気づく中、少しだけ元気になった福井県に行ってきました(福井は2023年に開通の予定)。メインの目的地は恐竜博物館!他のプランは何も決めていませんでした。が、ノープランだったからこそ色んな福井を体験することができちゃいました。

目次

・見る!福井県立恐竜博物館

・体験!はたや記念館 ゆめおーれ勝山

・撮る!天空の城 越前大野城 雲海

見る!福井県立恐竜博物館

今回の目的は何と言ってもココです。まずは博物館の入り口にあったお人形さんと記念写真を一枚撮ります。

f:id:KyoChika:20150524182532j:plain

我ながら、どういう身体の形をしているのかわかりませんね。特に下半身の構造が不明。良い子はマネしないでください。

720円の入場料を払っていざ中へ!近未来的なエスカレーターをぐんぐんと下っていきます。

f:id:KyoChika:20150524182520j:plain

カブトガニとのご対面。多分カブトガニだったと思います。ここら辺はあまり興味がなかったんでうろ覚えです。

f:id:KyoChika:20150524182521j:plain

カブトガニコーナー(?)を抜けていくと。。。

f:id:KyoChika:20150524182522j:plain

きたー!

f:id:KyoChika:20150524182524j:plain

おしり撮ったー!

f:id:KyoChika:20150524182525j:plain

巨人もいた…

この恐竜博物館の凄いところは、行ってみないとわからないところです。写真だけで楽しめないところが肝ですね。鳴き声や、動きまでもが再現されているんです!写真の恐竜、動いちゃうんですよ…!

恐竜ということで回りには子どもが多かったのですが、あまりにもリアル過ぎて、喜びを通り越して泣き叫んでいました。Oh…

大人の僕は楽しみ続けます。以後、Enjoyする僕の図をご覧ください。まずは大迫力の映像に一目惚れする図(右に僕がいる)。

f:id:KyoChika:20150524182527j:plain

超巨大な恐竜に感動を隠せない僕。

f:id:KyoChika:20150524182528j:plain

ダチョウ倶楽部ザウルスと「やー!」する僕。

f:id:KyoChika:20150524182529j:plain

ちなみに今回の記事から顔出しすることにしました。Facebookと、何が違うのかと。あと、人の写真を使った方が”僕だけの写真”感が出ていいかなって思ったので。なんか危なそうだったら親切な人教えてください。お母さん見てるー?

恐竜博物館は化石も豊富で、このホネホネが本当にかっこ良かった。

f:id:KyoChika:20150524182530j:plain

f:id:KyoChika:20150524182526j:plain

カッコいい…

あと化石もありました。正直、恐竜以外の化石は興味が持てません。一つだけ、恐竜のフンの化石もあったのですが、写真を撮りすぎてどれかわからなくなってしまいました…

f:id:KyoChika:20150524182531j:plain

フンの化石はぜひのせたかったです。ブログにフンをのせられる非常に良い機会だったのに。。。

参考:FPDM: 福井県立恐竜博物館

体験!はたや記念館 ゆめおーれ勝山

恐竜博物館の後は、車で5分で着いてしまうゆめおーれ勝山というところに行きます。ちょっとレトロな外観がそそりますね。

f:id:KyoChika:20150524182537j:plain

こちらでは昭和時代に活躍した織物の文化を学べる他、まゆ玉を使った手作り体験ができてしまう場所です。

体験では勝山ならではの恐竜のお人形とかが作れちゃいます。また、織物としてはコースターづくりとかもできるみたいでした。

f:id:KyoChika:20150524182536j:plain

f:id:KyoChika:20150524182535j:plain

f:id:KyoChika:20150524182534j:plain

今はやりのじばにゃんというネコたちもいました。これは作れないそうです。子ども見たら、コレを絶対作りたがる気がするんですけど…

他にも魔法少女まどか☆マギカの人形もまゆで作られていて、アニヲタの人はそれ作りたがるだろうなって思いました。きっと、ゆめおーれ勝山の店員の中にオタクがいます…!

f:id:KyoChika:20150524182533j:plain

結局、僕は悩んだ結果なにも作りませんでした。断捨離しすぎたせいで、モノを持つことに対して大きな抵抗を感じるようになってしまったんですね。でも、350円からとお手頃な体験なので家族でやるのは楽しいと思います。

参考 :はたや記念館 ゆめおーれ勝山

撮る!天空の城 越前大野城 雲海

最後に立ち寄ったのは大野市です。実は今回はPHEVという電池でもガソリンでも走る車で旅していまして、一番近くの充電スポットが大野市だったんですね。三菱のアウトランダーPHEVという車、今は一泊二日、無料で借りれるんですよね。

参考:Let’s PHEV!1泊2日無料レンタル | アウトランダーPHEV | 乗用車 | カーラインアップ | MITSUBISHI MOTORS JAPAN

ということで「充電目的」で立ち寄った大野市でしたが、ここは実は竹田城と競い合う天空の城がある城下町だったんです。こちらがお城の写真。

f:id:KyoChika:20150524182542j:plain

え、城が見えないですか?すみません。僕のレンズ、望遠じゃないんです…写真の真ん中に越前大野城があります。画像を加工したので、それで許してください。

f:id:KyoChika:20150524182541j:plain

時間的に山を登ることができなかったので、近くからの写真は撮れませんでした。でも、雲海で有名な城ということは登ってもいい写真は撮れないですよね。むしろ引きの写真じゃないと雲に埋もれないというか。

ということで車の充電をしている間、町を探検してみます。チェーンソーアートなるものが結構印象的。

f:id:KyoChika:20150524182538j:plain

f:id:KyoChika:20150524182539j:plain

まさかこんな繊細なクマーが、荒々しいチェーンソーで掘られているだなんて…

f:id:KyoChika:20150524182540j:plain

他にも大野市は城下町らしく、風情のある町並みがとてもよかったです。歩いていて落ち着く。醤油と酒の匂いがするのもいい感じですね。しかし、いかんせん店が閉まるのが4時というのは早過ぎました…

参考:越前大野城雲海|天空の城 – お城めぐりFAN

恐竜博物館、だけじゃない福井

最初は博物館以外はどうしようか悩んだものですが、行ってみれば偶然にも色んな観光地に巡り会うことができました。やっぱり旅の目的は一つか二つだけにしておくのがいいかもしれません。

予定調和だけじゃない部分が、結構頭に残ってくれるもんなんですよね。ではまたー!