読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょーちか旅行ブログ

きょーちか、それは旅する実体験ブログ

投資を始めてよかったこと

投資日記・お金の話

f:id:KyoChika:20150701204749j:plain

 

投資を始めて3ヶ月の感想

きょーちか(@KyoChika930)です。どうもこんにちわ。何となく始めてみたかった投資だけど、ずっと怖くて手を出すことができませんでした。だけど、今年はチャレンジの年と銘打ち、遂に3ヶ月前に始めてみたのです。周りの人からは「10年来の高値を付けている今から始めるなんてアホか」と言われているのですが、僕にとっては始めること、それ自体に意味がありました。

 

ということで今回は、投資を始めて良かったことについてお話しようと思います。投資のプロも、投資はなんとなく興味はあるけれども始められないよー!って人も楽しんでいただければと思います。そんでは行きましょう。

 

良かったこと① 面白いストーリーの参加者になれた

かっこいい言葉で言えば「ニュースを自分ごととして捉えられるようになった」という感じですが、ブログでそういうことを言うと意識高い系で気持ち悪いのでやめておきます。単純にニュースが面白くなりました。

 

特に最近面白いなって思ってたのは、ギリシャ情勢です。ギリシャの現在については僕が購読しているid:peticonbuさんの記事が分かりやすかったので少し引用します。 

 

1・始まりは2010年。ギリシャの財政赤字隠しが発覚。


2・ギリシャ破綻寸前に追い込まれる。


3・同じように財政問題を抱えていたスペインなどの南欧にも危機が波及。


4・2011年 欧州債務危機に発展。


5・とりあえず、EU、ECB、IMFにお金を貸してもらって問題を収拾する。
        お金を借りる条件として緊縮策(増税、公務員のリストラ、年金のカット)を受け入れる。ギリシャ失業率は7%→25%に。4人に1人が失業者ってすごいね。


6・緊縮策に疲れ切った国民は緊縮策に反対するチプラス首相を選択する。


7・緊縮策を続行しないならお金は貸さないぞ(返せよ)←いまここ。

引用:夫に説明するギリシャ危機。 - D'ac

  

分かりやすいですね。僕はこれを読むまでどんな状況なのか全くわかりませんでした。ちなみに6/30時点の記事なので、今はこれよりも3段階くらい進んでいます。レベル3。

 

さて、崩壊寸前(崩壊済?)の国を見て「面白い」何て言うのも不謹慎な話ですが、このもつれにもつれた世の中そんなうまくいかないんだよ!という実話は物語を読んでいるように面白いです。しかも小説などとは違い、このギリシャの話はどれだけページをめくってもまだまだ先が読めません。

 

僕にとってこのギリシャ危機は、先の見えない国を挙げてのヒューマンストーリーなのです。しかも投資を始めたことで僕の資産も少しは関係しているのかもしれない。そう思うと、僕はそのヒューマンストーリーの参加者のような気持ちになっているのです(実際はギリシャ危機は日本経済には大きな影響を与えないという見方が強いけど)

 

投資を始めていなかったら、「ギリシャ危機?あーなんか大変そうだね。僕の給料下がるの?ふーん」くらいにしか思わなかったと思います。自分の資産の一部をかけることで、僕は世界経済という面白いストーリーの参加者になれた気分です。

 

良かったこと② 金を掛ければ学びは掛け算になる

ギリシャ危機や中国バブルというのが最近の経済のお話のトレンドみたいです。投資を始めていなかったらやはり、「なんか大変そうだね。で結局は僕の生活変わるの?」程度にしか思っていなかったでしょう(実際は影響する時期が変わるだけで、投資をするしないに関わらず、結局は僕の生活にも影響はあるのだと思います)

 

ただ、投資を始めた今はちょっと違います。とりあえずSBI証券の口座を開いて現在の評価額を確認してみるのです。その結果が予想通りなら良いのですが、予想外の時というのはよくあります。そういった時に「何でだろう?」と思ってニュースとかを見てみると、全然学びが違うんです。

 

本を読んだりネットで調べていただけのときは、予想の範疇から脱することは出来ませんでした。でも、実際に始めてみると予想と違うことなんて山ほどあったんです。きっと投資を始めていなかったら、自分の予想が間違っていたということには、本当の意味では気付けなかったと思います。

 

これって投資に関わらずいろんなことに言えると思っていて、比較的学校での勉強ができた人たち(たとえば僕)は調べるだけ調べて、「今は行動すべきではない」と結論付けてしまうことが多いです。だけど、実際に行動してみると、その調べた結果というのが間違っていたということが多々あります。調べて良く分からなかったことも、実際に行動してその環境に身を置いてみれば一瞬で答えが出てしまうなんていうことも山ほどあります。

 

人に行動のキッカケを与えるのは本やネットの情報が多いかもしれないけど、キッカケを貰った後はすぐさま行動して確かめてしまった方が話は早く進むんだなぁ、と。世界経済という面白いストーリーの参加者になれたという喜びと、学びが加速度的になったということ。これが投資を始めてよかったと思えることです。やってみようかと気になる人は、少額でも良いので始めてみては?そんでは!

 

全面改訂 ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)

全面改訂 ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド (朝日新書)