【兵庫観光】播磨で見た一面に拡がる「ひまわり畑」で超元気になりました!

SHARE

【兵庫観光】播磨で見た一面に拡がる「ひまわり畑」で超元気になりました!

f:id:KyoChika:20150721215438j:plain

7/20。遂に青春18きっぷの夏期間が始まりました。JR全線が1日2370円(2015年時点)で乗り放題になる特別切符。お金のない人だけでなく、ゆったりとした時間で車窓を眺めるのが好きな人には最高の季節です。

今回は18きっぷが始まったその日から、兵庫県の播磨徳久という山奥のひまわり畑が咲き誇る場所への旅にでかけました。

普段の通勤区間でさえも旅になる

出発はいつもの最寄り駅。だけど、本日は会社ではなく旅に出掛けます。2時間も乗っていると、車窓には僕の知らない景色が映り始めました。

神戸駅を過ぎたあたりからはずっと海沿いを走るようになります。姫路で姫新線というものに乗り換えると、海の景色は突然に山に変わりました。

f:id:KyoChika:20150721215441j:plain

姫新線を走る列車はディーゼルエンジンのようです。

「ヴォーン」というかなり頑張っているような音で走っていました。

無人駅やワンマン列車はワクワクする

姫路から北に走る姫新線はほとんどの駅が無人駅でした。運転士一人だけのワンマン列車であり、降り口も1両目の先頭のドアに限られている。

田舎の人にとっては当たり前なのかもしれないけれど、こうした景色はやっぱり新鮮です。

f:id:KyoChika:20150721215432j:plain

無人駅の近くに住む人たちはどんな生活をしているんだろう。気になって気になってしょうがなくて、妄想がドンドンと膨らんでいくのです。なんだか、単なる田舎暮らしとは違うと思うんです。

太陽のひまわり畑

今回の目的地である兵庫県の播磨徳久駅にはひまわり畑を見に行きました。僕は太陽が大好きなんです。太陽を見ていると元気が出ます。

ひまわりは太陽を見つめ続けて咲く花と言われていて、その太陽のような黄色い姿が、視界いっぱいに広がるひまわり畑は最高の場所でした。

f:id:KyoChika:20150721215434j:plain

f:id:KyoChika:20150721215435j:plain

f:id:KyoChika:20150721215436j:plain

f:id:KyoChika:20150721215438j:plain

ここに来るまで4時間近くかかって、見られたのは一面のひまわり畑だけです。

でもそれだけの価値がありました。

f:id:KyoChika:20150721215433j:plain

ひまわり畑では名産のそうめんがタダで配られていて、おいしすぎて5回もお代りしてしまいました。
暑い時期に食べるそうめんはかなりうまくて、手延のおかげなのか食感が物凄く気持ちよかったのが印象的でした。

今回訪れたスポットはこちら。

開花時期などの詳細はこちらから。

見頃時期(1) 毎年7月中旬~下旬

見頃時期(2) 毎年8月上旬~中旬

町内6地区にて、見頃になる時期をずらして計画的に栽培しています。

ひまわり祭り 毎年7月中旬~下旬 ※2016年の開催は、7月16日~31日

佐用町南光ひまわり畑 (兵庫県佐用郡佐用町林崎839 南光スポーツ公園周辺) – ひまわり畑ネット

おしまい。