読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょーちか旅行ブログ

きょーちか、それは旅する実体験ブログ

スタバの注文が緊張する3つの理由

夜行バスや夜行列車を使うことが多いのですが、「次の予定までの時間をどう過ごそうか・・・」と悩むことが多いです。大体は銭湯かカフェに行くのですが、今年の夏に関東に行った際も、悩んだ結果カフェに落ち着きました。

ただ、今回は少し珍しく、めったに行かないスターバックスに行ってみました。ちょっとした冒険です。

 

スタバの注文って緊張する

学生時代は勉強の気分が乗らない時に、スタバに訪れることがありました。あのシャレた雰囲気にお金を投じることで、勉強しないといけない環境を作り出すのです。

ただ、久しぶりに訪れたスタバでは注文の際にちょっと緊張しました。そういえば初めて訪れた頃も、おんなじように緊張していたなぁ・・・

 

飲み物が高過ぎて尻込みする

まず飲み物の値段が高いです。今回は「珍しくスタバに来たし、好きな飲み物にしたいな」と、話題メニューのピーチインピーチを注文したのですが、税込みで650円を超える大金を払うことになりました。

これは、ラーメン買えるでこれは・・・!

f:id:KyoChika:20150818172012j:plain

ただ、専用のストローで飲むゴロゴロとした桃の果実と、シャリシャリのフロートは、爽やかさ満点の甘さでめっちゃおいしかった。

 

注文の呪文が頼めない

昔ネットで見た「注文の際のオプションが呪文過ぎる件」みたいなのを思い出してしまって、うまく注文できるか不安でした。どういうことかと言うと、「マンゴーパッションティーフラペチーノ」という商品があったとして、愛好家おすすめの頼み方は

ベンティノンティーマンゴーパッションティーフラペチーノアドホワイトモカシロップアドホイップクリーム

なんていう風に頼むのだそうです。

f:id:KyoChika:20150820203935j:plain

ネットで読んでいる時は「ネタだろコレ」ってなるのですが、実際に注文する際には「ホイップ増量して欲しいけど、なんか専用の呪文があるんかいな・・・」と緊張しました。結局恐ろしくてオプションはやめた・・・

 

オシャレな雰囲気に馴染めない

周りの人々がやけにオシャレに見えるスタバ。MacBookをパチパチ、ターン!ってする大学生風のお兄さんや、静かに読書にいそしむビジネスウーマン。

かたや僕は、夜行列車あけのボサボサの身体に、バックパッカーのような風貌。コンセントは僕の電子機器が占領した。

 

ベローチェくらいがちょうどいい

スタバでピーチインピーチを飲んだあと、僕たちは駅に向かって歩き始めました。途中、すぐ近くにベローチェを見つけてしまい、「こっちに行けば良かった・・・」と思う自分。

ベローチェはシンプル・低価格で使いやすいんですよね。200円から飲み物があるし、今でも良く利用しています。

今日はスタバでちょっと新鮮な気持ちを味わえました。久しぶりに行ってみるのも、悪くないかな。今度は簡単な呪文を試してみたいです。そんでは!