読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょーちか旅行ブログ

きょーちか、それは旅する実体験ブログ

元・不眠症患者が教えるおすすめ『安眠グッズ』

おすすめグッズ

f:id:KyoChika:20150523193520j:plain

昔から私は寝付きが悪かったり、寝れたと思ったのに目が覚めてしまったりということに悩んでおりました。その結果、日中の授業や仕事で眠くなってしまうという悪循環に陥ってる。朝起きるのは辛いし、布団から出たくない・・・そんな最悪な状況でした。しかし、今現在ではそういったことは軽減され、朝はスグに目覚めることができ、日中の眠気に襲われるということはほぼゼロになっています。

試行錯誤が続いていたため長い長い対策期間となってしまいました。今回は私が長い実験の末に出せた二つの結論『ストレスの除去と緩和』を行える睡眠グッズたちを紹介したいと思います。

 

眠れない・起きれない理由を知るための良書

「朝がつらい」がなくなる本

「朝がつらい」がなくなる本

 

寝つきがよくなる16の方法、快適に目が覚める8つのテクニックを学べる良書

まずは『自分がなぜうまく眠れないのか・起きれないのか』というメカニズムを理解することが重要です。根本となっている『原因』を理解できなければ、いくら『軽減策』を打ったとしてもごまかしにしかなりません。この本は2時間ほどで読めるコンパクトな実用書ながら、不眠症の原因と対策をわかりやすく教えてくれます。

 

音のストレスを防ぐ『耳栓』は射撃用を使う 

100均の半額で100均の何倍もの高価

隣人や車の騒音に悩まされて眠れない人も多いようです。私のマンションもかつては道路に面しており、騒音に悩まされていました。そんな時に出会ったのがMOLDEXです。それまでしていた100均の耳栓が嘘のように、耳を痛めず、そして圧倒的な遮音性を誇る。 まずはお試し8種セットがおすすめ。自分の耳の形にあった耳栓を見つけられなかったり、自分が悩む音の種類(重低音・高音)に合う耳栓を見つけられなかった人にこそおすすめ。  

 

光のストレスを防ぐ『アイマスク』は立体型がおすすめ

つけ心地と遮光性を第一に考えて選ぶべし

光は安眠の大敵です。わずかな光でさえも油断は大敵です。カーテンの隙間から、延長コードやスマホの光から目を守るためには『アイマスク』がおすすめ。特にこちらの商品は立体型であること、目に触れる部分がソフトであること、密閉性が高いことがポイント。別の商品では鼻の下側から光が漏れるモノもあったけれど、これなら大丈夫です。

 

歯ぎしりが酷い人は歯医者で『マウスピース』を作ろう

寝てる間の歯ぎしりに悩まされ、朝起きると『顎が痛い・・・ひいては頭痛がする・・・』という症状が出ている人もいるとは思います。これを軽減するためには、確かにネットや東急ハンズなどでも『口の形に合うマウスピースセット』も一つの手ではありますが、絶対に歯医者に行きましょう。マウスピースの作成は保険が適用されるため5000円ほどで作れます。歯ぎしりに悩む人の辛さはかなりのモノだと思うので、5000円でも高くありません。そして、辛さが軽減されるのも事実です。

 

質の高い眠りを作るための『アミノ酸』を摂取 

外敵だけでなく、『グリシン』で体内からも眠りの環境を整える

味の素の『グリナ』で大ブームを巻き起こし、その効果が認められたアミノ酸。寝る30分から1時間前までに3gの『グリシン』を摂取すると、眠りの質が上がると言われます。こういったサプリメントは体感するのが難しいのですが、確かに飲んだ翌日は目覚めが良い日が多いように感じる。色んなメーカーから『グリシン』関連の商品が売られているけど、こちらのメーカーがお手頃かつ3gスプーンが付いているなど便利でした。

 

眠りへ導くには『ラベンダーの香り』がおすすめ 

バスクリン ラベンダーの香り 600g 入浴剤 (医薬部外品)

バスクリン ラベンダーの香り 600g 入浴剤 (医薬部外品)

 

眠りを妨げる『ストレス』を軽減させる

うまく寝付けない理由にあるのが『明日のあれこれが不安であること』が原因にあることが多いです。そういった時には香りや長風呂でリラックスするのが良かったです。ただ、リラックスは『紛らわす』だけで『ストレスの原因を根本解決する』ものではないので、次に紹介する本を読むのがおすすめ。

 

ストレスの原因を根本から解決して快適な入眠へ 

心配事の9割は起こらない 三笠書房 電子書籍

心配事の9割は起こらない 三笠書房 電子書籍

 

自分の心配は、考える必要もないことだった

今まで色々とグッズを紹介してきましたが、良い眠りを作るためには『外敵から自分を守ること』と同時に『自分の中にあるストレスを解決すること』が重要になります。眠れない原因には『明日が不安』という感情が引き金になることが多いのではないでしょうか。仕事の会議が不安。試験が不安。将来が不安。そうした不安を根本解決できたのがこの本です。グッズで外敵ストレスから身を守りつつ、良書で内部のストレスを解決していけたのが良かったと考えます。

 

眠りは人間の三大欲求の一つです。欲求の一つが崩れると、生活に大きな影響を与えます。うまく寝れない・うまく起きれないは、『うまく生活できない』へとつながっていき、それがさらなる不安を生みます。そうした負の連鎖を断ち切れたのは、多かれ少なかれ今まで紹介したグッズによるものでした。悩んでいる方のお助けになれば。そんではー。