読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょーちか旅行ブログ

きょーちか、それは旅する実体験ブログ

ていねいに|格安スマホが誰でも15分で買えちゃう手順

おすすめグッズ

テレビや電気屋で『格安スマホ』という言葉をよく目にするようになってきました。私も格安SIMを利用し初めて一年が経つのだけれど、文字通り『本当に格安の料金(具体的には1000円以下)』でスマホを運用しています。私はこれで年間12万円節約しました。

今回は携帯販売店で働いていた経験もある私が、格安スマホ初心者が誤解していること、不安なこと、つまづきがちなポイントをあますことなく解決していきます。

 

格安スマホは難しい?安かろう悪かろう?

まわりを見渡してみても、何となく興味はあるんだけど、難しそうで、怖くて手を出せない・・・』って人が多いようです。確かに、色んな情報があってわかりにくい。だけど、スマホが1000円で利用できる方法、知らないなんて損していると思いませんか?なんか負けている気がしますよね。

ということで今回は、『本当に必要最低限の手順』だけを切り取って、誰でも簡単に格安スマホを契約する手順を書いてみました。必要最低限ですが、多くの人にとってベストと言える選択だという自負はあります。正直に言うと、今回紹介する方法よりも大幅に良い方法っていうのはあんまりないと思うわけです。

 

おさらい①. 格安スマホのメリット

それでは早速始めましょう。まずは格安スマホって何が良いの?って話。わかりやすくまとめてしまうと、

  1. 文字通り『とにかく安い』。半額以下は当たり前
  2. うるさい『二年縛りの違約金』という呪縛から解放される

という二点が大きいですね。

 

1. 格安スマホはとにかく安い

私は格安スマホに乗り換える前はdocomoユーザーだったのですが、夫婦2人で12,000円ほどの利用料金を払っていました。以下の朝日新聞の記事を見ても、

総務省の家計調査によると、2002年は1世帯あたりの平均月額が約4200円だった。それが、07年に6千円を超え、昨年は約7200円。02年の1・7倍だ

(ケータイ料金:1)平均月7200円 それ、割高かも:朝日新聞デジタル

と2014年の平均料金は7,200だそうで、まあウチは平均よりは少し安い部類に入っていたわけです。それが格安スマホに乗り換えたらどうなったのか。夫婦2人で2,000円。約5分の1の値段になりました。信じられませんよね。1人じゃなくて、2人の料金ですよ。

 

月々1万円節約できたら、年間で12万円節約できるわけです。この威力は半端ない。

 

2. 二年縛りという呪縛からの解放

地味に大きいのが、docomoやauなどの通信会社ごとにあった二年縛りの呪縛から解放されること。色々な場面で、この二年縛りに悩んでいる人が多いと思います。だけど今回紹介する格安スマホは一年以内の解約に9000円かかるだけ。それ以降は更新月なんて概念もありません。

 

ここの意味、わかりにくいので詳しく説明しますね。良くわかっている方は飛ばしてください。

 

docomoやauなどの大手キャリアで契約する場合、あまり意識はしていないのですがスマホの『機種』と一緒に『通信契約』もしているんですよね。今までの買い方だと『機種』と『通信契約』がセットになっているんです。そのため、別の通信会社(例えばソフトバンク)で欲しい機種があっても、1万円の違約金を払わないとdocomoやauをやめられなかったわけです。

だけど、格安SIMは異なります。スマホの『機種』と『通信契約』は別々に買うのです。これによるメリットが二つあります。

  1. docomo, au, ソフトバンクよりも安い通信会社に乗り換えられること。
  2. 欲しい機種があったときは、その機種を電気屋で買って、ちょっとした設定をするだけで使えるようになるということ。

docomoやauのように解約手続きや、違約金を払う必要がなくなるんです。

 

おさらい②. 格安SIMで不安なことを解決

格安SIMのメリットはわかったでしょうか。でもね。『安さの裏には、何か理由があるんでしょ?』って思いますよね。実はね、あるんですよ。それでは今度は格安スマホの不安を取り除いていきましょう。

  1. 格安SIMは買いづらい。けど、だから安い
  2. 番号が変わるってこともありません
  3. LINEなどのアプリも使えます。ドコモをお使いならデータ移行も不要
  4. 機種の性能が悪くなるってことはありません
  5. 保証がなくなるってことはありません

 

1. 格安SIMは『買いづらい』。だから安い

格安スマホの最大のデメリットはね、『わかりづらい』ってことです。でもね、それが格安スマホを安くできる理由でもあるんですよ。

みなさんは今まで説明してきたこと、全ては知らなかったですよね。普通の携帯を買うより、格安スマホって難しいですよね。今まではお店に行けば全部やってくれたけど、格安スマホはセルフサービスの部分が多いんです。でも、だから安いんです。ガソリンだってセルフの方が安いし、最近はやりの格安航空だってセルフの部分を増やして人件費が少ないから安いんですよね。

 

2. 番号が変わるってこともありません

あとで契約の方法とかも書いていきますが、今まで使っていた電話番号もそのまま使えます。『格安SIMは電話番号が変わってしまう』という都市伝説が出回っていますが、それ、都市伝説です。

 

3. LINEなどのアプリも使えます。ドコモをお使いならデータ移行も不要

ちゃんと言っておかないと不安になってしまう方がいると思うので。『LINEは使えます』。安心してください。しかもあなたがドコモユーザーならデータ移行も不要です(新しく機種を買い替えない場合)。au、ソフトバンクユーザーにおいても、そこまで難しい作業でもないので安心してください。

LINEの『その他→設定→アカウント』からメールアドレス登録(Gmailなどのキャリア意外のメール)かFacebook連携をさせれば大丈夫。わからない人が多ければ、また移行方法の記事も書きます。

 

4. 機種の性能が悪くなるってことはありません

『格安SIMにしたよ!』って人に言うと、『え、じゃあ画面やカメラの性能落としたの?』って言われたりするんですけど、それってまったく関係ないことなんですよね。先ほども詳しく説明しましたけど、格安SIMていうのは『通信の契約』であって『機種』は自分の好きに選べるんですよ。Sonyの最新Xperiaだって、Appleの最新iPhone(Simフリー版)だってサムソンの最新ギャラクシーだって使えます。

何度も言いますが、格安SIMていうのはdocomoやauという高い通信料金の会社をやめることであって、iPhoneやギャラクシーのような高機能なスマホをあきらめることではないんですよね。ここの切り離し、最初はどうしても理解しづらいと思うのですが、あんまり理解しなくても大丈夫です。

 

あ、もちろん安いスマホの機種に買い替えたらもっと安くなりますよ。通信の契約と、スマホ端末の購入、これを分けて考えてくださいね。

 

5. 保証がなくなるってことではありません

保証というのは気になるところですよね。格安SIMも保証はあります。まずはメーカーによる保証です。というのは、テレビや冷蔵庫などの家電製品を買った時って保証書が付いてきますよね。で、何か不具合があったら修理や交換してもらいますよね。あれと、まったく同じです。

f:id:KyoChika:20151107161024p:plainそれだけじゃ不安だって人には、オプション料金で保証を付けることだってできます。不安になることなんて何もないのです。

 

それでは契約していこう

さて、メリットを理解して不安が解消できたところで遂に契約していきましょうか。それでは格安SIMで通信の契約をするので、通信会社を色々と比較していき

ません。比較しません。

格安SIMを取り扱っている会社って、10以上あるんですよ。ITオタクの方ならともかくも、この記事を読んでいる方にとってはそんなに多くの会社を比較したって、迷うだけです。携帯料金って複雑だと思いませんか。それが10社以上もあるとなったら、泣きたくなりませんか。ということで今回紹介するのは、DMM mobile。これ一択です。

 

でも、いきなり『これを買えよ』って言われても困っちゃいますよね。悪徳商法かって思いますよね。ということで、DMMの特徴を書いていきますね。特徴は以下の4つ。

  1. 業界最安値の通信料金
  2. 通信速度も最速クラス
  3. 通信容量を簡単に変更できる
  4. ドコモユーザーなら今使っている機種がそのまま使える

 

1. 業界最安値の通信料金

まず言っておきたいのが圧倒的な安さです。料金が特徴の格安SIMにとって、その特徴で『一番安い』っていうのは大きなポイントになります。

f:id:KyoChika:20151107163412p:plain

トップページでもでかでかと『業界最安値』と掲げています。安値を売りにしている会社でもあるので、今後もその方針を変えることはそうそうないと思いますね。というかこれ以上安くなってもあまり変わらないくらい安い・・・

 

2. 通信速度も最速クラス

『格安SIMって遅いんじゃないの?』って不安があると思いますが、答えを言えば『会社によります』。会社によってはカメ並みに遅いところもあるんですが、このDMMにおいては安心のドコモ電波を利用しており、業界最速クラスになります。もしかしたら今使っているものよりも早くなっちゃうかもしれませんね。

 

3. 通信容量を簡単に変えられる

格安SIMは『通信容量(どれだけネットを使うか?)」によって料金が変わるのですが、今、自分がどれだけ使っているのかなんて突然聞かれてもわからないですよね。その点DMMは安心で、契約したあとに通信容量を変えられます。だから、『意外と足りなかったなー』って思ったら料金プランを簡単に変えられるのです。これはけっこう便利なんですね。

 

4. docomoユーザーなら今使っている機種がそのまま使える

最後に大きなポイント。ドコモユーザーなら今使っている機種がそのまま使えます。

 

と、DMMの良さを語ってきたわけですが

最安で最速。『最も』という漢字が付くってことは、現時点では一番良いってことなんです。それでも他のものと比較したいですかー!これでいいでしょー!ということです。

 

DMM mobileデビュー!今だけお得なキャンペーン実施中! 

 

購入する際の不安を解消

ここまでのことを何となくでも理解できていれば、実はもう契約できます。ということで『年間12万円節約の夢』を現実にしてしまいましょう。

DMMはネットで家にいながら契約ができちゃいます。ここからはDMM mobileのサイトにアクセスしたあと、実際につまづきがちなポイントを全部解消していきます。

  1. 『すでに端末をお持ちの方』とはどゆこと?
  2. データ専用SIM, 音声通話付きSIMとは
  3. 番号をそのままにしたい場合はMNP予約番号をもらう
  4. (ドコモのみ)自分のスマホの機種の調べ方
  5. 通信容量はとりあえず1GBでも良い?
  6. 端末も一緒に買いたい人にお勧めの機種

 

1. 『すでに端末をお持ちの方』とはどゆこと?

DMM mobileのサイトで申し込みをするときにまず聞かれるのが、『端末を持っているかどうか』ということ。

f:id:KyoChika:20151107195204p:plain

この端末とは『スマホ』のことです。ただし、スマホを持っていない人なんてほとんどいないですよね。ここで本当に言いたいことは、『(DMMに対応している)スマホを持っているかどうか』ということであり、

  • 現在ドコモの端末を持っており、それをそのまま使う方・・・『すでに端末をお持ちの方』
  • au, ソフトバンクを利用している方・・・『端末とセットでお申込みの方』

となります。念のため、ドコモユーザーの方は、以下のサイトで自分が今使っている端末がそのまま使えるかを確認してください。

SIMカード 動作確認端末一覧 - DMM mobile

LTEが『○』なら今までの端末でそのままネットが使えますし、 音声通話が『◎』なら電話ができます。

 

2. データ専用SIM, 音声通話付きSIMとは

次につまづくのが『データ専用SIMか音声通話つきSIMか』ということ。

f:id:KyoChika:20151107195046p:plain

  • データ専用SIM・・・スマホではネットだけで電話しない人
  • 音声通話つきSIM・・・スマホではネットも電話もする人

多くの人は音声通話つきSIMを選ぶと思います。

 

3. 番号をそのままにしたい場合はMNP予約番号をもらう

MNP予約番号。いきなり難しい言葉がでてきましたね・・・でも安心してください。超簡単。5分で終わります。MNP予約番号とは、『今の電話番号を受け継いで次の通信会社でも同じ番号が使えるようにするために必要な番号』になります。

  • ドコモなら『151』
  • auなら『0077-75470』
  • ソフトバンクなら『0800-100-5533』

ここの番号に電話して『MNP予約番号をください』って言うだけです。そしたらオペレーターの方が教えてくれます。この時点で解約されてしまうっていうことではないので、ご安心ください。その後はこちらにご記入ください。

f:id:KyoChika:20151107201934p:plain

余談ですが、オペレーターによっては『やめる理由』をやたらに聞いてくる人がいます。あの手この手であなたが契約をやめないように引き止めてきます。でもそういった勧誘は受け流してMNP予約番号をもらってください。それで(違約金があったとしても)何万円も節約できるんですから。ちなみに何でそんなことを知っているのかと言うと、携帯会社で働いていたからです・・・

 

4. 通信容量はとりあえず1GBでも良い?

選択する項目の中に『通信容量(どれだけネットをするか?)』という項目があります。DMMではあとあと通信容量を簡単に変えられるため、そこまで深く考える必要はないです。

f:id:KyoChika:20151107203530p:plain

  • メールとLINEとニュースを見るくらいなら1~3GB
  • 出先で動画を見たりもする人なら5~7GB

それくらいの目安で契約してみて、あとで調整するのが一番です。ちなみにFacebook, Twitter, Instgram, LINEくらいしか使わない私たち夫婦は1GBで十分でした。

 

5. (ドコモのみ)自分のスマホの機種の調べ方

次につまづきそうなポイントは、『そもそも自分って何の端末使っているの?』というところ。これによってSIMカードという、スマホに指すカードの大きさが決まります。大きさの合わないカードは刺せないですよね。

f:id:KyoChika:20151107203539p:plain

意外と自分のスマホがどこの会社で作られているかを知らない人って多いみたいですが、大体は『スマホの電池パック』に書いています。

  • OS・・・iPhone(iOS)なのかそれ以外(Android)なのか
  • メーカー・・・シャープとか富士通とかソニーとか
  • モデル・・・AQUOSとかArrowsとかXperiaとか
  • 機種名・・・SH-01EとかF-02CとかSO-04Eとか

大体は『スマホの電池パック』に書いています。スマホの裏側を見てみてください。機種を選んだあと、『決定』ボタンを押すと自動でカードタイプが選択されます。

 

6. 端末も一緒に買いたい人にお勧めの機種

ソフトバンクやauの人は新しくスマホ端末を用意する必要があります。でも安心してください。DMMモバイルでは通信契約と一緒に端末も買うことができます。しかも前述の通り、docomoやauなどとは異なり、二年縛りの更新月しか解約できないということはありません。

今現在、おすすめの機種はZenfone 2 laserという端末(というか持ってます・・・) 

Amazonの口コミを見ていただくだけでもその良さが伝わると思いますが、画面がキレイで、カメラも良く、持ちやすいデザインという点が最高におすすめです。 

 

ここまでで不安を解消できない方は・・・

uk.shampooあっとgmail.com(「あっと」を「@」に変えてください)にご連絡ください。何でも答えます。

 

購入したあとは

購入までができてしまえばあとはDMMからの配送を待ちましょう。到着後はAPNの設定というものをする必要があります。APNとは『このスマホ端末はどこの通信会社を使っていますか?』という設定になり、docomoやauで契約していた時には設定していなかった項目になります。ドコモで契約したなら、ドコモって決まっているしね。

これについてはこちらのページにひとつひとつ画面のスクリーンショットが付いていて、基本的にはその写真を見ながら進めていくだけで設定できます。『あのボタンどこにあんのー』というのも画像がついているなら安心ですね。

 

購入したあとにすることは、これだけです。これだけで終わり。もう通信ができるようになります。これで12万円節約できたね。やったー

まだ何か不安なことがあれば、uk.shampooあっとgmail.com(「あっと」を「@」に変えてください)にご連絡ください。安くて快適なスマホライフを実現しましょう。

 

DMM mobileデビュー!今だけお得なキャンペーン実施中!