きょーちか旅行ブログ

きょーちか、それは旅する実体験ブログ

盛岡3大麺のひとつ!50年以上の老舗・白龍(パイロン)のじゃじゃ麺が絶品だったよ

 

結論から述べるとうまいです

何がうまいかって盛岡で出会った「じゃじゃ麺」という物体なのですよ。

そんな今日は盛岡じゃじゃ麺の老舗・白龍(ぱいろん)に行って来たときの話です。

 

岩手観光 カテゴリーの記事一覧

 

 

マゼマゼして食べる盛岡じゃじゃ麺

まぜまぜしますね☆まぜまーぜ(450円)

いきなりですが450円って安くないですか。牛丼屋でトッピングしてたら450円くらい瞬殺だと思うんですけど。

まあ文章で説明するのもあれなので写真で紹介しようと思います。

 

 

なんかこういう「さわやかな皿うどん」のような物体です。

こいつをまぜそばみたいに、ひたすらにマゼマゼします。ふと思ったんですけどメイドカフェでもまぜそばって売れるんじゃないでしょうか。「ご主人様ぁ!まぜそばマゼマゼしますね☆まぜまぜ☆おいしくなーれ☆うーんニンニクのいい香り!」

 

話を戻しましょうか。じゃじゃ麺でしたね。

ムダな話ばかりしていたくせに重要な「混ぜたあとの写真」を撮るのを忘れていました。なので言葉でザックリ伝えるとさっきの白い麺が茶色くなったと思ってもらえれば間違いないです。

 

それを思いっきり頬張っていただくわけですよ。

味ですか。そりゃあ間違いなく、

 

 

 

あっつい!!!?

 

 

 

でしたね。いや、「うまい」より先に「熱い」が来ました。

正直見た目からして冷たいと思ってたんですよね。なんか冷やし中華の出来損ないみたいなカッコしてるじゃないですか。

 

それで味ですか。うまいですよ。そりゃーうまいです。

私はミソというものが大好きなのですが、このじゃじゃ麺はミソがうますぎなのでドストライクです。そのうまい麺をうみゃーうみゃー言いながら食べていたのですが、ふと壁を見るとこういう張り紙が貼ってありました。

 

 

 

なるほど。要はニンニクやらラー油やらお酢やらを加えることでさらにうまくなる!倍率ドン!さらに倍!っていうことらしいです。ふむ。ではかけよう。

ということでニンニクとラー油を好みの量で混ぜてみます。コレがまた…さっきの4倍くらいうまいじゃないですか…

 

 

「ということはもっとニンニクを入れてみたら、さらにうまくなるってことじゃないの?」

 

 

と思って調子に乗ってニンニクをガツンと入れたのですが、案の定で味が強くなりすぎて鼻と舌が痛くなりました。ご利用はご計画的にですね。話は変わりますがローンのCMをやってくれるAKBは本当に仕事を選ばないのですばらしいです。

 

チータンチータンハッピーターン(50円)

ニンニクを入れすぎてかつてのうまかった時代を忘れてしまったじゃじゃ麺。あの頃は良かったよな、あいつは変わっちまったよ…なんて言いながら泣く思いで食べ終えたあと、「〆」と呼ばれる儀式に入りました。

 

儀式です。そうなんです。このじゃじゃ麺は食べ終わったその皿を使い、卵スープを作ってしまうのです。この状態をちいたんというそうです。それではちいたんの写真、ハイジャーン。

 

 

ちなみに卵は机の上にあるので割り放題で入れ放題なのかもしれません。

 

 

味はさわやかな後味スッキリタイプ。〆にはちょうどいい。その後盛岡の町を歩いたり車で走り回っていると、「じゃじゃ麺」よりも「ちいたん」という文字のほうが多く見かけました。

町の人に愛されてるのかもな。名前がやたらかわいいし。ちいたん。多分「ちひろ」でちいたんだな。間違いない。

 

「ろうめん」こそ実はメインかもしれん(450円)

「白龍といえばじゃじゃ麺の老舗」みたいな感じなのですが、メニューを見ていると「ろうめん」という麺料理もあるようでした。せっかく家族で来ているので、シェアする前提でろうめんも食べてみます。

 

 

 

見た目は完全にうどんです。ズルズルっと食べてみます。醤油ラーメンのスープにうどんを入れたようなお味で、さらにはショウガが効いててめちゃめちゃ爽やかです。こいつはうまい。いや、これじゃじゃ麺よりも好みかもしれん。

 

ちょびちょびと入っている牛肉を噛みしめてみると、じゃじゃ麺で絡めた味噌とおんなじ味がするじゃないですか。

醤油のスープには全く溶け出していないくせに、お肉自体はものすごいジューシーなミソ味を感じさせる。こいつら別々の味のくせに全く喧嘩しないんです。敵と書いて友と読むような味。それがろうめんでした。

 

どこにあるんですか、ここは?

どうやって行きましょう?

さてさてそんな白龍(パイロン)ですが、盛岡駅から徒歩20分の場所にあります。歩いて行くのは至難の業です。「わたし万歩計を見るのが大好きでぇ〜」という人以外はバスか車を使うことをおすすめします。

一応食べログ(今話題の)より交通情報をお借りしてきました。

 

盛岡駅前から岩手県交通バス(盛岡都心循環バス「でんでんむし」左回り)で9分「県庁・市役所前」下車、徒歩2分。

桜山神社の参道沿い。

JR盛岡駅より車で8分高速盛岡インタ-より車で15分

タクシー利用なら「パイロン」と言えば凡そ伝わります。

上盛岡駅から1,073m

白龍 本店 (パイロン) - 盛岡/そば・うどん・麺類(その他) [食べログ]

 

タクシー利用にやたらと自信を感じてしまいますね。ちなみに食べログスコア3.6という驚異的な数値でした。

 

どこに車を駐めましょう?

私はレンタカーで岩手をぐるぐるしている途中だったので駐車場が必要でした。が、白龍(ぱいろん)には駐車場がありません。

ということで利用したのがスグ近くにある県営駐車場で、一時間320円・追加30分160円でした。のんびりしていたので1時間半分の480円払ったのですが、「あれ、じゃじゃ麺より駐車料金のほうが高いやん」というふしぎ発見的な展開になってしまいました。

 

 

まぁトータルで見てそれでも安いんだけど。

 

その他なんかありますか?

とにかく安いです。

 

 

 

お昼時に行ったんですけどなかなか並んでおります。

 

 

 

それでも回転が早いんでそこまで待たないです。

 

 

 

何よりビックリするのが店内の狭さです。

 

 

 

「なぜそこまでつめつめにしたの!?」ってくらいツメツメです。

ホルモン的にいえば爪爪爪です。

個人的にビックリしているのが盛岡って駐車場ない店が結構多いんですよね。地方都市って車社会じゃなかったんでしょうか。

 

 

あとやっぱりここにも「まいう~の人」は来ていました。

 

 

 

ホント、旅先で一番見る芸能人のサインってこの人です。

はい。じゃあココらへんで今日は終わりにします。これからしばらく岩手を旅行します。それでは。

 

岩手観光 カテゴリーの記事一覧

 

詳細情報

・名前:白龍

・経路案内:Google マップ

・所在地:〒020-0023 岩手県盛岡市内丸5−15

・電話:019-624-2247

・アクセス:記事内に詳細あり

・営業時間:11時30分~21時00分

・定休日:

・公式HP: