平等院鳳凰堂は歴史嫌いでも楽しめる!?旅ブロガーが実際に巡ったおすすめスポットやアクセス方法をまとめます

SHARE

平等院鳳凰堂は歴史嫌いでも楽しめる!?旅ブロガーが実際に巡ったおすすめスポットやアクセス方法をまとめます

f:id:KyoChika:20161112113942j:plain

 

「平等院鳳凰堂はどうすれば良い思い出になるのかを知りたい」

「歴史は苦手だけど、せっかくの旅行を楽しく、おいしく過ごしたい」

 

この記事はそんな方向けの記事です!

 

こんにちは

神社や寺に行くたび「いやぁ、古いねぇ、スゴイねぇ」という感想しか言えない旅ブロガー・きょーちかです

日本史は赤点ギリギリ、鎌倉幕府が1192年から年号が変わって絶望した1人です

ちなみに下の写真が世界遺産と私です

 

f:id:KyoChika:20161112113937j:plain

 

0歳児を抱っこしながら全国を旅しています

 

さて今回は平等院鳳凰堂を含む宇治に行って来ました

京都駅から電車で15分ほどで着く場所にある観光スポット・宇治

ただ最初は正直不安でした

 

だって雑誌を読んでもネットを探しても、平等院の話題は難しくて理解できなかったんですよ

「藤原頼通って誰?カイジ役の人?」くらいの低IQですからね

 

それにも関わらず宇治観光は予想の1192倍くらい楽しかったので、平等院鳳凰堂はもちろんのこと、宇治のお茶、隠れ世界遺産などを巡ってきた話をさせてもらいたいのです!

周辺アクセスだったり、おすすめできるお店、回るときの目安時間をしっかり紹介させてもらいますね!

 

平等院鳳凰堂を含む宇治観光のいいところ

まずは平等院がある宇治の話をさせてください

平等院のためだけに宇治に行くのはもったいないくらい、周辺の観光スポットもおもしろかった

ということでザックリ宇治観光がおすすめのポイントを3つにしぼってお伝えします

 

宇治は京都の中でも空いていてゆっくりできる

京都を観光していると歩けない程に混雑していて、「癒されに来たはずなのにめちゃめちゃ疲れるんだけど…」ってことが多々あります

清水寺とか嵐山を歩こうものなら満員電車レベルは覚悟しないといけません

その点、宇治はマイナーな部類に入るので空いてます

 

f:id:KyoChika:20161112113919j:plain

 

空いているのは重要です

ゆっくり回れると癒やされますからね!

 

しかも駅からスグ観光地に入り込めるのも嬉しいです

駅から平等院までは10分だし、お茶の老舗は3分で着きますからね!

 

コンパクトながら世界遺産が2つもある

宇治はコンパクトな観光スポットなのですが、世界遺産が2つもあります

どんなに歴史が苦手な人でも「世界遺産となれば行ってみたいなぁ…!」となりますよね

 

ちなみに平等院鳳凰堂は世界遺産だと知っていたのですが、もう一つは存在すら知らずに現地に着きまして、「あれ、世界遺産って書いてある…」ってその場で気付きました

どんなところかは後ほど!

 

町としての特徴が色濃い

宇治といえばご存知お茶の町です

冗談みたいな話ですが、電車を降りた瞬間に深みのある茶の匂いが香ります

 

f:id:KyoChika:20161112113925j:plain

 

いや、これが本当にものすごく香るんですよ

香りの感動はブログでは伝わりきらないので、ぜひ実際に行って味わってほしいです

 

平等院、お茶、町家…宇治の町を歩いて回ろう!

ということで実際に私たちきょーちか家族が宇治を回ってきた様子をお送りします!

今回巡るスポットを地図にしたので良かったら使ってください

 

 

駅前商店街

今回は平等院の近くにあるJR奈良線・宇治駅からスタートします! 

駅から歩いて3分で中村藤吉という有名なお茶屋さんの本店がありました

 

f:id:KyoChika:20161112113920j:plain

 

宇治へはちょうどお祭りの時に訪れたようで、町中ではたくさんの屋台が並んでいました

 

f:id:KyoChika:20161112113921j:plain

 

小学生たちが無邪気に自分たちの作品を売っているようで、「スゴイ良い勉強になるだろうなぁ」なんてほのぼのした気持ちになります

 

商店街でマグロの解体ショーを見たり、

 

f:id:KyoChika:20161112113922j:plain

 

マグロ丼を食べたり、

 

f:id:KyoChika:20161112113924j:plain

 

茶そばを食べたり、

 

f:id:KyoChika:20161112113926j:plain

 

真っすぐ歩けば短い道なのですが、たくさんの幸せな誘惑があって、意外と時間がかかってしまいました笑

 

所要時間:1時間(歩くだけなら5分)

 

平等院鳳凰堂

2014年に改修が終わったばかりの平等院鳳凰堂(600円)にも行って来ました

やっぱり有名な10円玉の写真は欠かせない

 

f:id:KyoChika:20161112113927j:plain

 

鳳凰堂では1時間に3回のペースで内部観覧(別途300円)をやっていました

定員は50名で平等院に入ったあとに申し込めます(予約不可)

入ってみたい人は平等院に入ってスグに申し込んでから、まわりを観光するのが良さそうでしたね

 

平等院にはかなり新し目のミュージアムがあって、鳳凰堂の歴史についてもグラフィカルな映像で紹介されていました

こういったミュージアムって古臭い資料が羅列されてるだけの時が多いけれど、動画で紹介してもらえると嬉しいですよね

(それでも歴史が苦手だから正直よくわからなかったけれど)

 

f:id:KyoChika:20161112113929j:plain

 

平等院を出てスグの場所にある”ますだ茶舗”というお店の抹茶粉をかけていただくソフトクリームがかなり濃厚でおいしかったです!

 

所要時間:1時間〜2時間(どれくらいじっくり見るかによる)

 

おすすめの宇治のお茶屋さん・福寿園

平等院から橋を渡ります

 

f:id:KyoChika:20161112113930j:plain

 

せっかく宇治に来ましたし、おいしいお茶を飲んでみることに

訪れたのは福寿園さん

焼き物も作っているようで、工房には煙突がたくさんありました

 

f:id:KyoChika:20161112113934j:plain

 

ここがかなり当たりのお店で、席からは川と平等院が見えるし、焼き物にこだわってるから器もオシャレで、豊富な種類なお茶をたくさんいただけました

 

食前茶とほうじ茶(おかわり自由で注いでくれる)

 

f:id:KyoChika:20161112113931j:plain

 

頼んだほうじ茶ラテ

 

f:id:KyoChika:20161112113932j:plain

 

さらには頼んだお餅もとってもおいしくて、何だか「『おいしい』と『うまい』しか言えない自分がこんなところで上質なご飯をいただいても良いのだろうか」と複雑な気持ちになるほどうまかったです

 

f:id:KyoChika:20161112113933j:plain

 

焼き物の作品も見ることができるのでおみやげどころとしてもおすすめですよ

 

f:id:KyoChika:20161112113935j:plain

 

所要時間:30分

福寿園宇治工房 清流と、宇治茶の里。

 

世界遺産・宇治上神社、宇治神社

最後に行ったのが似ている名前の2つの神社です

着いてから知ったのですが、なんと世界遺産でした…

さすが京都、道を歩けば世界遺産にぶち当たるのは伊達じゃないですね

 

f:id:KyoChika:20161112113936j:plain

 

この神社は世界最古の神社建築物だそうです

ということは私が得意の感想「古いねぇ、スゴイねぇ」に最もふさわしい場所ですね

湧き水が湧いていることでも有名だそうです

 

f:id:KyoChika:20161112113938j:plain

 

この2つの神社ではウサギのおみくじがありまして、こいつがとっても可愛かったです

ちなみに当たり前のように大吉でした

学業、厄除け、身体などお守りの種類も豊富で自分にあったものを選べます

 

f:id:KyoChika:20161112113939j:plain

 

両方ものすごく小さいので一瞬で回れます

せっかくの世界遺産なので時間がなくても寄ってみたほうがいいですね!

 

所要時間:15分

 

旅を振り返ってみて

と、いうことで宇治観光はこれにておしまいです

数えてみると京都にはもう30回くらいは行っていると思うのですが、宇治の雰囲気は私たち夫婦の好みにピッタリの場所でした

香り高くて、独特で、コンパクトで、混んでいない

 

平等院鳳凰堂を含めた宇治観光は歴史が苦手な私でも楽しめました!

全体としては3〜5時間くらいあれば十分巡れると思います!

 

あなたは歴史が得意ですか?

得意でも、苦手でも、宇治は楽しめる場所です

ぜひ宇治に訪れてみてはいかがでしょう!

 

それでは現場からきょーちかがお送りしました!