大阪駅のとなり天満駅にある中華料理屋「天満上海食苑で坦々刀削麺」を食べてきた

SHARE

大阪駅のとなり天満駅にある中華料理屋「天満上海食苑で坦々刀削麺」を食べてきた

f:id:KyoChika:20170212150708j:plain

 

大阪・天満でのWeb系セミナー参加に合わせて、せっかくなので天満を歩いてみることにしました。

「天満ってどこだろう」と思っていたのですが、環状線で大阪駅のとなりにあったんですね。

時間は18時。散策する場所は天満駅周辺。食べるご飯はおいしい中華料理。

ちなみにテンマンではなく、テンマでした。

 

 

 

天満駅の町並み

天満駅に着くと、ホームではaikoの曲で電車の発着音が流れていました。

環状線では駅ごとに発着音が変わっていて、このダサい音を聴いていると、「大阪来たわ…」って毎回思います。

 

駅を降りるとスグに続くアーケード。

 

f:id:KyoChika:20170212150705j:plain

 

自分が住む町でアーケード街は見たこともなくて、たった1時間電車に乗るだけでまったく別の町にたどり着けるのって、ワクワクします。

 

アーケードの中にあったスーパー玉出。

 

f:id:KyoChika:20170212150707j:plain

 

パチンコ屋にしか見えないスーパー玉出は、冬になると「鮮魚コーナー」でクリオネが発売されたり、話題に事欠かないスーパーです。初めてホンモノ見た。

 

f:id:KyoChika:20170212150706j:plain

 

賑やかなアーケードを一本横道にそれてみると、良い感じの夜の町並みに。

 

f:id:KyoChika:20170212150704j:plain

f:id:KyoChika:20170212150703j:plain

f:id:KyoChika:20170212150702j:plain

 

自転車がやっと通れるような細い道に(多分)100件以上のお店があって、歩いているだけでワクワクします。

オシャレなフレンチ、こたつが置かれた居酒屋、80歳くらいのおばあちゃんが焼いてるたこ焼き屋、もう、ここの雰囲気は最高だ。

 

上海食亭

せっかくなので軽くご飯を食べていくことにしました。

色々と目移りしていった中で、無性に中華料理が食べたくなって入ったお店。

 

f:id:KyoChika:20170212150701j:plain

 

店に入った途端、無愛想な女性店員が突然テニスの素振りをし始めたので、「何だコイツ」って思ったら、席の案内で「ここに座れ」って意味だったようです。

 

f:id:KyoChika:20170212150700j:plain

 

点心も良いなぁ、パラパラのチャーハンも食いたい。

悩み続けて決められなくなった頃、刀削麺の文字を見つけます。

「刀削麺ってそういえば食ったことなかったかもな」とこれに決定。

 

待っている間、のんびり。

自分以外には一組しかいなくて、店員たちが話す中国語のほうが耳に入ってくる。

段々アジアの店にいるような気持ちになってくる。いーあるふぁんくらぶ。

 

f:id:KyoChika:20170212150659j:plain

 

届いた。

まずは焼きニラ饅頭です。箸で皮に触るとパリッパリで、噛んでみたらやっぱり最高の食感。そしたら中からアツアツの肉汁と香り高いニラが出てきて、あぁ、これにしてよかった、と実感です。

あれ、今日これから予定あった気がするけど、ニラ大丈夫かな。

 

f:id:KyoChika:20170212150658j:plain

 

坦々刀削麺も来た。

モリモリのお肉、良い。

 

f:id:KyoChika:20170212150657j:plain

 

はい。うまそう。

食べてみると、モチモチの麺に辛めのスープがよく絡まっている。刀削麺って削りだしで麺を作るから、一本一本がゴツゴツしててモチモチしてて、食感がとっても良い。

麺というよりはご飯や餅に近い気がする。

 

辛いスープも胡麻のコクで旨味があって、おいしい。

一通り麺を食べ終わったあと、心ゆくまでスープをれんげで飲み続ける瞬間、大好きです。

寒かったはずなのに気づけば汗をかいていて、「寒い日に食べる辛いもの、最高の贅沢だ…」と思いながら、また天満の夜を歩き始めました。

 

今回行ったお店