読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょーちか旅行ブログ

きょーちか、それは旅する実体験ブログ

女性や子どもに「プレゼントしたくなったとき」の25のまとめ

先週のこと、奥さんのママからこんなものをいただいた。

 

f:id:KyoChika:20160417113940j:plain

 

最近生まれた子どもの初節句のために、京都の手作り市で鯉のぼりの作品を買ってきてくれたそうだ。これは、とってもセンスが良い… 一目見て気に入ってしまった。

ちなみに私たち夫婦は断捨離が好きで、あまりにも家に物がないため、奥さんママも「不用意にものをあげてはいけないな…」と悩んでいたらしい。プチミニマリストでほんとすみません。

 

 

(断捨離好きのエピソードが気になるかたはこちらから)

 

 

飾ってから何日かしたとき、ふと疑問に思う時があった。奥さんママは結構な節約好きなのに、どうしてこういったものを買ってくれたのだろう?

その答えはきっと「プレゼント」にあるんじゃなかろうか。奥さんママは、「自分よりも他の人が喜ぶこと」が好きな、とってもステキな人だ。だから、私たちと子どもの喜ぶ顔が見たくて、ステキな置物を買ってくれたんだろう。

 

いつプレゼントしよう?

話は少しずれるけれど、私の奥さんはハンドメイド作家をしている。今回奥さんママがこいのぼりを買ってきてくれた手作り市に、半年前は出店側として参加していた。

 

www.kyochika.com

 

しばらくは出産と育児でハンドメイドから離れているけれど、そろそろ「何かを作りたい」と思ってきているそうだ。でも、何かは作りたいけど、何を作りたいかはまだわからないらしい。私もブログを書きたいけど、書くネタがないから書けない時がある。だから、気持はよく分かる。

そんなとき、また鯉のぼりを見ていたらあることを思いついた。

 

 

「誰かがプレゼントをしたくなるような作品を作ったら、喜んでもらえるんじゃない?(そしてそれって今までよりも売れるんじゃない)

 

 

奥さんママだけでなく、世の中には「自分よりも人のためにお金を使いたいステキな人」はたくさんいる。恋人の喜ぶ顔が見たいし、子どもにねだられたら断りづらい。

そういう「誰かにプレゼントをしたくなる瞬間」をまとめていったら、今後の奥さんのハンドメイド制作に役立つんじゃないかな?と思って、色々とまとめてみることにした。

 

 

プレゼントしたくなる瞬間は大きく分けて3つある

まずは「どういったときにプレゼントをしたくなるか?」をザックリと分けてみると、大きく3つのカテゴリに分類できた。

 

  1. お祝いしたいとき
  2. 応援したいとき
  3. 季節ごとのイベント

 

これらのカテゴリについて、具体的なケースをさらにまとめていく。

 

お祝いしたいときのプレゼント

誕生日

まずは王道なもの。だけど、ハンドメイド雑貨を作る立場として考えると、誰にあげるかがハッキリしないので作品を作りづらいイベントかもしれない。

 

合格

高校受験、大学受験、就職などのお祝い。しばらく長い間は努力をして我慢から開放される時期でもあるので、何かその人の好きなモノを送るのが良さそう。

 

成人

子どもから大人になる瞬間(?)。お酒が飲めるようになるときでもあるので、それも大きなイベント。多くの人は大学入学時点で酒は飲んでいるだろうけど。

 

結婚

車が買えるくらいにお金が動くイベントで、この時ばかりはいろんな人の財布の紐が緩む… ウェルカムドールとか、花束とか。

 

結婚記念日・付き合った記念日

結婚は夫婦以外の人にお祝いしてもらうけど、結婚記念日は夫婦間でお祝いするイベントだと思うので、別にした。

結婚していない人も、付き合った何周年とかでお祝いする人もいるはず。私たちは結婚する前から毎年お祝いした。

 

妊娠・出産

少子化の時代で、子どもを育てていくのは結構厳しいらしい(個人的にはまだ厳しさを感じていないけど)。だけど、子どもができるというイベントの祭り感は自分の想像以上のものだった。

妊娠したら生まれる前から子どもの服が勝手に揃っていくし、妊娠中を過ごしやすくするような服やグッズもいただいた。

 

初節句

今回もらった鯉のぼりもこれ。

男の子は生まれてから初めての5月5日。女の子は3月3日。

ちなみに私は、子どもができて家族に言われるまで初節句の存在を知らなかった。

 

七五三

11月15日の前後一ヶ月に行うもの。女の子は3歳と7歳。私は、「男の子は5歳だけ」と思っていたんだけど、地域によっては男の子も3歳でお祝いするらしい。

 

還暦

60になったときのお祝い。親しい人が60を迎えたことがないので、どういうイベントなのかはよく知らない。他にも古希、喜寿、傘寿、米寿、卒寿、白寿など色々あるらしい…

 

応援したいときのプレゼント

大事な試合や発表会

何か打ち込んでいることがあれば、いつかは試合や発表会などをする機会がある。部活動の試合、習い事の発表会、論文発表、社内プレゼン。その時々で応援してくれている人がいることがわかると、落ち着いた気持ちになることができた。

 

受験・就活

合格祈願のお守りとかは受験シーズンになると必ずもらってた。受験勉強だったら机の上に飾れる雑貨とか、就職活動だったら鞄の中に入れやすい物が、いつも応援してくれる感じがして嬉しいと思う。

 

実家を出るなどの新生活

主に4月のイベント。大学や就職で実家を離れる瞬間は、新しいコミュニティに入らないといけないし、慣れ親しんだ家をでなければいけなくて、結構不安になる。

この時に関しては、家事が楽になる雑貨とか、置物というよりはちょっと生活を便利にするような雑貨が喜ばれる気がする。

 

ダイエット

入れるか悩んだけれど、多くの女性が(最近では中年男性も?)常に頑張っていることなので、応援できるようなグッズをプレゼントすると喜ばれるかも。ただし嫌味に取られないかどうかは注意しないとまずいかも…

 

季節ごとのギフトカレンダー

ここでは今までに書いたことも含めて、季節ごとに分類できるイベントを月ごとまとめていく。

 

4月

  • 入学、入社
  • ダイエット(新しいことを始めたくなる)

 

5月

  • 節句
  • 母の日

 

6月

  • 父の日

 

9月

  • 敬老の日

 

10月

  • ハロウィン
  • 孫の日(10月第3日曜)

 

11月

  • 七五三
  • 夫婦(11月22日)

 

12月

  • クリスマス

 

1月

  • 新年
  • 年男、年女(干支)
  • 成人の日
  • 受験生応援のピーク(センター試験や私立受験など)
  • ダイエット(新しいことを始めたくなる)

 

2月

  • バレンタイン

 

3月

  • ひな祭り
  • ホワイトデー
  • 卒業
  • 新生活

 

通年

  • 誕生日
  • 結婚式
  • 妊娠、出産
  • 大事な試合、大事な発表会

 

 

 

とまあ、こんな感じです。

今回は奥さんの作品制作についての観点からまとめているけれど、普通の人にとっても「誰かにプレゼントしたい」と思ったときに役に立つかも。世の中にはステキな人がたくさんいるから。