【大阪駅グルメ】アジアン麺茶のスープフォーで疲れたカラダを癒やしてきた

SHARE

【大阪駅グルメ】アジアン麺茶のスープフォーで疲れたカラダを癒やしてきた

f:id:KyoChika:20151019195424j:plain

アートフェスタに出店した日、慣れない販売作業で疲れ切った身体を癒すために美味しいご飯を食べにいくことにしました。

梅田駅にあるアジアンカフェ・アジアン麺茶。タイ料理にスープフォー。熱い国で食べられる料理は意外とサッパリしていて、夏バテを治す力があるんだそうです。今の自分たちの体調にピッタリです。

大阪・梅田駅アジアン麺茶 マルビル

大阪駅から徒歩3分のところにあるマルビルの地下二階に、目当てのスープフォーはありました。ちなみに大阪駅から歩けるということは、梅田駅、西梅田駅、東梅田駅、北新地からも徒歩5分くらいで行けるということです。最近になってやっと大阪駅周辺がわかってきました。

f:id:KyoChika:20151019195423j:plain

地下二階のレストラン街に関してはかなりの年期が入っていました。けっして不潔なわけではなく、いい雰囲気でお手頃な価格が多い印象。アジアン麺茶以外にも気になるお店がたくさんです。

ココナッツのタイカレーに酢の利いたエビプリのフォー

首の長い猫の置物など、バリのような内装。お一人さま用の席にはおしゃれに本が飾ってあります。

f:id:KyoChika:20151019195417j:plain

こういう、ほのかなライティングは癒されますね。

メニューを見てエビがたくさん入ったスープフォーと、牛肉入りのタイカレーを注文。最初に頼んでいたハスのお茶を飲んでいると、まずはタイカレーがお出まししました。

f:id:KyoChika:20151019195419j:plain

f:id:KyoChika:20151019195420j:plain

魚のキュートの容器に入った白っぽいカレー。申し訳程度に固められたご飯のフォルムがかわいいです。ココナッツミルクの入ったタイカレーは、独特の甘さがクセになる。日本やインドのカレーもおいしいけれど、タイカレーの独特の甘みや酸味はやっぱり最高。

f:id:KyoChika:20151019195421j:plain

f:id:KyoChika:20151019195422j:plain

こちらはエビがたくさん入ったスープフォー。確かフォーっていうのはお米の麺だったと思います。だからなんですかね、食感がもちっとしていて、甘みがある。ちなみにパクチーなしのタイプにしました。食べれなくはないけど、好きじゃない・・・

フォーにはお酢を入れると、また変わった味になりました。カレーにもフォーにも、よく見たらトマトが入っているんですね。やっぱり熱い国の料理だからか、こうした酸味をうまく取り入れて身体の疲れを取り除くんでしょう。今日はここにして大正解でした。

アクセス・電話予約・ランチとディナー料金

住所 大阪府大阪市北区梅田1-9-20 大阪マルビル B2F
電話 050-5890-6680(予約)
営業時間 (平日)11:30~23:00(L.O 22:00)

(土日祝)11:00~23:00(L.O 22:00)

定休日 不定休(マルビルの休みに準ずる)