読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょーちか旅行ブログ

きょーちか、それは旅する実体験ブログ

長野で絶対に行くべき『大王わさび農場』の3魅力

中部旅行-長野 中部旅行

f:id:KyoChika:20151123120408j:plain

辿り着いたのは安曇野(あずみの)地方。安曇野は長野県の中央部にあり、長野の中核都市である松本からも車で30分程度で行ける場所。長野旅行中、安曇野にある『大王わさび農園』に行ってきました。ここが最高だったんです。

 

おすすめ観光地|大王わさび農園の魅力

特に調べもせずに、『長野 おすすめ 観光』で出てきた大王わさび農場。着く前は正直、キレイな水とちょっとしたわさび畑があるくらいにしか思っていませんでした。

 

広大な敷地にできたわさびのテーマパーク

しかし、そんな予想は大きく裏切られるのです。もちろん、良い方向に。広々とした安曇野の道路と景色の中に、突如として現れる高速バスの大群。こいつは、予想よりもずいぶんとスゴそうだ・・・しかも入場は無料ときた。

地図を見てみると散策コースまで設けられており、一番長いものは1時間半のコースになっていました。デカすぎだろ。広大な敷地にはわさび畑はもちろん、お土産コーナー、複数のレストラン、体験施設など何でもござれ。ちょっとした牧場に来た気分になります。

 

限定50食!必食の『本わさび丼』はナゼこんなにうまいのか

わさび農園に来た私たちはまずはレストランへ向かいました。わさびに関するアレコレが売られていたのですが、一番気になった限定50食の『本わさび丼』を食べてみることに。

 

これが見た通りのシンプルさなのですが、ご飯の上に漬物と鰹節がのっています。その上に、自分でスリスリと擦りあげた本わさびをガッツリ、ガッツリとのっけて食らうのです。

f:id:KyoChika:20151123120359j:plain

f:id:KyoChika:20151123120400j:plain

素材はシンプル。それなのにも関わらず堪らない。クセになる。鼻と目に来る色んな意味で涙が出るほどのうまさ・・・これは絶対に食べるべき。やっぱりチューブで食べるワサビとは別物で、スッキリとした爽やかさが最高なんですよね。

f:id:KyoChika:20151123120401j:plain

f:id:KyoChika:20151123120402j:plain

わさびビールも売ってました。食べ物じゃない色してる。

f:id:KyoChika:20151123120409j:plain

テイクアウトスペースではわさびコロッケバーガーもいただきます。緑の物はわさびの葉っぱです。わさびって何にでも合うんだな。

 

わさび、水車、アルプスと全ての景色が美しすぎる

満腹になってからは散策です。ここの農園。景色がキレイすぎます。

f:id:KyoChika:20151123120406j:plain

f:id:KyoChika:20151123120407j:plain

広大なワサビ畑。ワサビは水が命らしく、地中から染み出した雪解け水は輝きまくっています。

f:id:KyoChika:20151123120405j:plain

f:id:KyoChika:20151123120404j:plain

ちょうど紅葉シーズンだったのですが、空の青に映えてめっちゃキレイ。

f:id:KyoChika:20151123120410j:plain

極め付けはこれ。農園から見えるアルプスの山々が本当に圧巻なのですよ。ズルいよなぁ。もう立地だけで最高な場所だよなぁ・・・

 

松本や安曇野からスグの感動的な観光スポット

最初はまったく期待していなかったのですが、大王わさび農園は最高の場所でした。もう大王でした。お土産ショップで売っていたわさび大根とかも絶品。

私たちはやりませんでしたがわさびで手作りの食べ物を作る体験もやっています。子どもがわさびに興味を持って、大人になる瞬間の一つかもしれないなぁ。いいところでした。大王わさび農場。長野に来たらまた立ち寄りたい。そんではー

 

アクセス

住所 :長野県安曇野市穂高3640

最寄駅:JR大糸線『穂高』からタクシー10分

最寄IC:安曇野ICから10分

入場料:無料