読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょーちか旅行ブログ

きょーちか、それは旅する実体験ブログ

宿坊お寺に泊まってきた|長野県 善光寺 淵之坊

中部旅行-長野 中部旅行

f:id:KyoChika:20151123145328j:plain

凄いところに泊まってきてしまいました・・・

 

宿坊を知っているか

とりあえず写真を見てください。今回きょーちかはここに泊まってきました。

f:id:KyoChika:20151123145333j:plain

はい。善光寺という長野県にあるお寺です。お寺に泊まってきたのです。なんというレアな体験。そんな体験が普通に楽天トラベルで予約できる時代になったんですねぇ。

なんかお寺に泊まるのってドキドキしませんか。お酒飲んでいいのかな、とか(詳しくは後ほど)

 

善光寺とは長野県長野市にある大きな大きなお寺でして、お寺の大きさでいうと奈良県の東大寺に続いて日本で二番目になるそうです。

特色は大きさだけでなく、今回の話にもつながる『宿坊』ですよね。旅館も営むお寺ということで、善光寺の敷地内には現在39の宿坊があるそうです。

f:id:KyoChika:20151123145332j:plain

そして今回きょーちかを受け入れてくれたのは『淵の坊』さん。ここがまぁ、素晴らしかったんですよ!

 

酒飲めるんかい。精進料理豪華すぎんかい

お部屋に通していただたら、まず驚きましたね。きれいすぎるんですよ。

f:id:KyoChika:20151123152332j:plain

というか普通の旅館じゃないですか。確かにチョコチョコとお寺を感じさせるモノが置かれていますが、てっきりお寺の中のような板張りの寒々しい大広間に、布団を敷いて雑魚寝するようなところを想像していました。

f:id:KyoChika:20151123145325j:plain

f:id:KyoChika:20151123145322j:plain

二つ目の部屋に布団がすでに敷かれている。フカフカしてそう。

 

着く時間がすでに晩ご飯の時刻だったので、頼んでいた精進料理を運んできてもらいました。

なにこれ豪華すぎ。贅沢しすぎでしょ。

てっきり精進料理ってご飯と梅干ししか出てこないと思っていたのですが、まさかここまで品数多く豪華に出てくるとは・・・

f:id:KyoChika:20151123145316j:plain

f:id:KyoChika:20151123145315j:plain

f:id:KyoChika:20151123145317j:plain

しかも一つ一つの味付けが絶妙なんですよね。シンプルな薄味なんですけど、うまくダシのうまみが素材の味を引き立てているんです。どれもこれもおいしくて天に召されるところでした。

 

ちなみに精進料理なので殺生はせず、鰹節でさえ使っておらぬそうです。

f:id:KyoChika:20151123145313j:plain

でもお酒は飲んでいいらしいです。献杯的な扱いらしいんですけど、何だか違和感ありましたね。

 

心遣いがきめ細かい

宿に入ってスグに思ったのですが、お世話をしてくれる方々が本当に色々と気づいてくれるんですよね。お茶を交換するタイミングとか、料理の提供の仕方とか、本当に気持ちいいんですよ。それもサービスとは何か違うような、お心遣いといえば良いのでしょうか。やっぱりお寺の人は違うなって感じでした。

 

お風呂もキレイ。上質なもので溢れている

地下にあるお風呂にも入ったのですが、これまたキレイで広いんですよね。今日はお客さんが少なかったので夫婦で一緒に入らさせてもらったんですが、広すぎて泳ぎましたね。

f:id:KyoChika:20151123145320j:plain

お風呂においてもそうだったのですが、本当にあらゆるところが『清潔』なんですよね。そして使っているものが良いものなんですよ。例えばシャンプーとかも質が高いものを使っていますし、お茶っ葉だって粉末とかではなく茶葉で置かれているんですね。

f:id:KyoChika:20151123145324j:plain

余計なオプションは付いていないけど、一つ一つのものに拘ってるなぁ、こりゃ宿坊はハマりそうだなぁと思いましたね。

 

そういえば本棚には仏教関連の本の中に、

f:id:KyoChika:20151123145319j:plain

なぜかワンピースが置いてありました。どーん!

 

お朝事に行こう!

二日目は早朝から『お朝事(おあさじ)』に参加しました。お朝事とは善光寺の僧侶が毎朝、日の出の時刻に集まってお経を読んだりするもので、365日欠かさず行っているんだそうです。休みがないって凄いですね。会社だったらブラック過ぎます。

f:id:KyoChika:20151123145326j:plain

f:id:KyoChika:20151123145330j:plain

朝日がかかる善光寺はなかなかにキレイで、人もほとんどいなくていい雰囲気でした。

 

泊まっていた淵の坊の方に連れられて色々と説明していただいたのですが、やっぱりこういったお寺などの自分があまり知らないものを巡る時は誰かに案内してもらった方がいいですね。

f:id:KyoChika:20151123145329j:plain

寺にも興味はあったのですが、わかりやすい本がなくって困っていたところ、今回の一件で色々と学ぶ事が出来ました!

ちなみにお朝事ツアーは500円の善光寺内部の入場料のみです。

 

暗いぞ!お戒壇巡り

善光寺では『お戒壇巡り』と言って光のない真っ暗闇の中を、右手にある壁だけを頼りに進んでいくという道があるんです。その時々でありがたい木とかに触れることもできるんですが、これがなかなか怖いんですよね。

f:id:KyoChika:20151123145327j:plain

暗闇くらい大丈夫かなと思っていたのですが、話し声が実際とは異なる場所から聞こえてきたり、前の人が迷子になってぶつかってきたり、本当にぐちゃぐちゃになるんですよ。

出てきてみて、人はいかに目から入ってくる情報を頼りにして生きているんだということを実感しましたね。いやーあれは怖かった。

 

宿坊に泊まるのは最高におすすめである

こうやって二日間を振り返ってみると、質の高さがあらゆるところで見られました。お部屋、精進料理、お風呂、そしてあらゆるおもてなし。私の予想ですが、たぶん利益を出して儲けるような仕組みじゃないんでしょうね。

そうなんです。つまり今回の宿坊体験はめちゃめちゃに安かったんです。いいですよ、宿坊。ぜひとも皆さんにも泊まってみていただきたいものですね。そんではー

 

善光寺宿坊 淵之坊 - 楽天トラベル

 

アクセス

住所 :長野県長野市元善町462

最寄駅:JR長野駅 善光寺口1番バス乗り場より路線バス「善光寺大門」下車

最寄IC:長野ICから20分

宿泊料:善光寺宿坊 淵之坊 - 楽天トラベル