読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょーちか旅行ブログ

きょーちか、それは旅する実体験ブログ

【保存版】名古屋観光で実際に楽しかった8つのスポット(女子旅・子連れ旅)

f:id:KyoChika:20161218060418j:plain

 

「週末はフラッと名古屋に行こう。おいしいものや、新しい物に触れてみたいな」

この記事はそんなあなたに向けて書きました。

 

こんにちは。28歳、会社員のきょーちかです。

 

「名古屋って食べ物ばかりで、見るものなくてつまんないよねー」と聞いていたのですが、実際に行ってみると、そんなことはありませんでした。

確かに名古屋は東京に比べると「見るもの」は少ないかな、と思います。ただ、「体験するもの」はとっても多いんです。

見るだけよりも、体験もできた方が私は好きなので、ここ最近は名古屋の旅が増えています。

 

f:id:KyoChika:20161218060423j:plain

 

この記事では、私が今までに行った名古屋の観光スポットをまとめていきます。

しかも、スポットをまとめるだけではなく、料金がお得になる簡単な方法と、パッと見てわかるアクセス方法もあわせてまとめます。

楽しい名古屋観光のおともに使っていただければ嬉しいです。

 

 

名古屋駅に到着、まずはドニチエコきっぷを買おう

さあ、ここはもう名古屋駅です。

名古屋駅に着いたらご飯を食べるよりもまず先に、買わなければならないものがあります。

それが「ドニチエコきっぷ」です。

 

 

これは土日・祝日限定で、市バスと地下鉄が600円で乗り放題になるカード。

しかも、名古屋のほとんどの観光地で割引になるという魔法のようなカードです。

地下鉄は1回200円ほどなので、3回乗れば元が取れます。

 

これを持って観光に出かけます。ここからは、私が行って良かったと思える場所をまとめていきます。

 

大須観音 - 意外な「動物写真」が撮れる場所

f:id:KyoChika:20170216212349j:plain

 

初めての名古屋観光でまず訪れたのが、名古屋駅から地下鉄で10分の場所にある大須観音です。

学業成就、家族円満、商売繁盛と、「ご利益というものは何でも来ていいよ!」という何とも太っ腹な場所でした。

さてさて、ここではご利益以上に記憶に残る事件、がありました。それが

 

f:id:KyoChika:20170216212351j:plain

 

ハトです。

それはもう、至る所にハトがいるのです。

どれくらいかというと、

 

f:id:KyoChika:20170216212347j:plain

 

屋根を見てもハト

 

f:id:KyoChika:20170216212350j:plain

 

集団で外国人を襲うのもハト。 

 

大須観音、それはハトの神社です。

たくさんのハトに囲まれた写真を撮れれば、Instagramに動物写真でのっけたいですね。

 

大須観音へのアクセス

 

大須商店街 - どこまでも続く元気がもらえる商店街

大須観音は、実はとっても大きな商店街の入り口でした。

仁王さまのお声に従い、商店街へと進んでいきます。

 

f:id:KyoChika:20170216212352j:plain

 

商店街に入ってスグ見つけたのが、こちらの水曜日のアリス。

写真のような小さな扉から中に入ると、とってもメルヘンな世界が広がっていました。

 

f:id:KyoChika:20170216212346j:plain

 

大須商店街は。1つ横道にそれるだけでまったく別の国に来てしまったかのような気持ちになります。

どういうことかというと、こんな風に「中国っぽい道だな」って思って歩いていると、

 

f:id:KyoChika:20170216212345j:plain

 

突然にブラジルが現れたりします。

 

f:id:KyoChika:20170216212343j:plain

 

軒先で鶏が丸焼きされていました。

 

f:id:KyoChika:20170216212359j:plain

 

ブラジルが現れたと思ったら、その向かいにはインド料理屋、フレンチ、イタリアン

とってもグローバルな商店街です。

名古屋めしも良いけれど、多国籍な料理を食べるのも、良いな。

 

これで終わりかと思ったら、まだまだ続いて、日本風の建物では沖縄料理

 

f:id:KyoChika:20170216212342j:plain

 

また横道に入ると今度は下町

 

f:id:KyoChika:20170216212358j:plain

 

そして突然ダシの自販機が現れる…

 

f:id:KyoChika:20170216212341j:plain

 

歩いて横に曲がるたびに驚きと発見があって、大須商店街は歩いているだけで楽しい気分になれました。

 

トヨタ産業技術記念館 - 女性でも楽しめるクルマ博物館

f:id:KyoChika:20170216212356j:plain

 

最寄り駅から歩いて10分。

夏にはトヨタ産業技術記念館に行って来ました。

 

子どもも女性も楽しめる体験型施設

ここは「世界のトヨタ」創業の地ということで、創業秘話や最新ロボット、新旧の車などに触れられる、体験型施設です。

 

f:id:KyoChika:20170216212340j:plain

 

手づくりで車に触れられるコーナーや、 

 

f:id:KyoChika:20170216212337j:plain

 

アトラクションを通して科学を学べるエリア、

 

f:id:KyoChika:20170216212338j:plain

 

プリウスの開発秘話をマンガを通して学べたり、

 

f:id:KyoChika:20170216212357j:plain

 

自分たちが操作している車が、実際にどうやって動いてるのかがわかる展示があったり。

ちなみに、こちらはハンドルを回すとタイヤが回転する原理を、目で見て体感できました。この他にも山程あるから驚きです。

 

f:id:KyoChika:20170216212339j:plain

 

あとはダイナミックな工場見学まで見れちゃって、とにかく周り尽くせないくらいに広かったです。

これだけ遊べていくらだと思いますか? なんとたったの400円(割引すると)です。

一緒に行った奥さんも子どもも大満足で、男性だけでなく家族、女子旅で来てる人がたくさんいました。

 

より詳しい情報・写真はこちらにまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

トヨタ産業技術記念館へのアクセス・お得な割り引き情報

入場料:500円400円(ドニチエコきっぷ・1日乗車券を提示)

トヨタ産業技術記念館

 

名古屋城 - 城マニアじゃない人ほど楽しめる

f:id:KyoChika:20170216212355j:plain

 

夏休みに家族3人で、名古屋城の夜祭に行って来ました。

初めて見る名古屋城は、私が「今から攻め入る兵士」であったら絶望を感じるほどにでかかったです。 

 

f:id:KyoChika:20170216212354j:plain

 

名古屋城では金のしゃちほこと写真を撮ることもできました。

かわいい女子ならInstagramで80いいねくらいはつくでしょうね、私はつかないですけど。

 

f:id:KyoChika:20170216212334j:plain

 

夏に行くとライトアップされていて、これがまたキレイでした。

 

名古屋城の夏祭り

私が行った夏の時期は、実は名古屋城内で半月くらいぶっ通しで祭りをしているんです。

これの規模が本当にでかくて、衝撃を受けました。

 

f:id:KyoChika:20170216212336j:plain

 

屋台は当然のごとく

 

f:id:KyoChika:20170216212335j:plain

 

ライブ

 

f:id:KyoChika:20170216212353j:plain

 

大道芸

 

f:id:KyoChika:20170216212333j:plain

 

盆踊り

 

これ以外にも数えきれないほどのイベントが行われていて、おそらく人生史上最大規模の祭りでしたね。

実は、「名古屋城より犬山城でしょ」って城マニアに言われたんです。犬山城というのは同じ愛知にあるお城ですね。

ただ、城マニアとしては犬山城なのでしょうが、私みたいな普通の人からすると、名古屋城ってとっても楽しい場所でした。

 

より詳しい情報・写真はこちらにまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

 

 

名古屋城へのアクセス・お得な割り引き情報

入場料:500円400円(ドニチエコきっぷ・1日乗車券を提示)

名古屋城公式ウェブサイト

 

名古屋市科学館 - 世界最大規模のプラネタリウムと体感施設

f:id:KyoChika:20170212160628j:plain

 

冬の寒い日には、家族で名古屋市科学館に行って来ました。

名古屋市科学館は

  • 名古屋駅から近くて
  • たくさん体験ができて
  • 子どもが楽しべるイベントと大人向けのイベントの両方があるだけでなく
  • 入館料も安い、スバラシイ場所です(400円)

名古屋市科学館には体感施設がたくさんあって、まず1つめが−30の世界を体験できる極寒ラボです。

  

f:id:KyoChika:20170212160615j:plain

 

髪が、一瞬で凍ってしまう…

あとは100万ボルトの大放電を経験できる、放電ラボもおもしろかった。

 

(音に注意、本当に注意)


名古屋市科学館の放電ラボ

 

放電するときの音が大迫力でですね、これは絶対に現地で体感したほうがいいです。

あとは400円追加で見られる、世界最大規模のプラネタリウムもスバラシイ。

ただ観るだけではなくて解説が凝っていておもしろいんです。女性ウケがとってもよかったんですよ。

 

その他にも体験施設がたくさんありました。

 

f:id:KyoChika:20170212160612j:plain

 

リアルに1日では回りきれなくて、展示物も体験施設もものすごい数がありました。

家族で行くのはもちろん楽しいし、女子大生のグループなんかも多くいて、名古屋市科学館、アツかったです。

 

 

名古屋市科学館へのアクセス・お得な割り引き情報

入場料:400円360円(ドニチエコきっぷ・1日乗車券を提示)

 プラネタリウムは別途360円(割引後)が必要

名古屋市科学館 | 科学館を利用する | 利用案内 | 減免・割引制度

 

リニア鉄道館 - 時速500kmの体感とレトロなジオラマは必見

f:id:KyoChika:20170216213318j:plain

 

冬の寒い時期にはリニア博物館にも行きました。

博物館だと外の天気や気温を気にしなくていいので、夏や冬の観光にはピッタリですよね。

 

f:id:KyoChika:20170216213315j:plain

 

リニア鉄道館で最も印象的だったのは、リニアの車両に入って、時速500kmの速度を体感できるエリアです。

 

f:id:KyoChika:20170216213314j:plain

 

高速運転時、リニアは宙に浮いて走行することになるのですが、車輪で走ってガタガタしていたリニアが、空中を走りだしたときの安定感は「未来」を感じました。

リニア鉄道館では、リニアのような鉄道の未来だけでなく、

 

f:id:KyoChika:20170216213317j:plain

 

今までの新幹線や特急車両をたくさん展示されています。

一番印象的だった車両は、新幹線の食堂車ですね。

 

f:id:KyoChika:20170216213316j:plain

 

新幹線の食堂車は2000年に終了していて、その理由も「なるほど〜」と思いました。

(答えは現地で)

 

f:id:KyoChika:20170216213313j:plain

 

巨大なジオラマも、ジオラマの中に童話の主人公が隠れていたりして、探すのがとっても楽しかったです。

 

リニア鉄道館へのアクセス・お得な割り引き情報

入場料:1000円

http://museum.jr-central.co.jp/

 

オアシス21

f:id:KyoChika:20170216213321j:plain

 

夜に時間が空いたので、名古屋の繁華街・栄駅の上にあるオアシス21にも行ってみました。

 

f:id:KyoChika:20170216213319j:plain

 

思ったよりも小さくて、「ん?」ってなります。

東京や大阪でもっと大きい建造物はたくさん見てきたので、特に珍しくもなかったです。

 

f:id:KyoChika:20170216213320j:plain

 

オアシス21の近くには、名古屋テレビ塔やNHKもあったので、コンパクトでたくさんの都会的スポットを巡りたいときはいいかもしれません。

 

オアシス21へのアクセス

 

まとめ

「名古屋って観光スポットないよね」ってよく聞きますが、行ってみるとそんなことはなかったです。

まだ行ったことがないので紹介できていないですが、東山動物園や名古屋港水族館、これからだったら日本唯一のレゴランドジャパンもあるし、まだまだ巡るところがたくさんあると思ってます。

今後も名古屋に観光に行く度に、追加していこうと思います。

 

最後に名古屋から日帰りで行ける観光スポットを紹介して終わりにします。

 

常滑 - レトロな焼き物巡りが楽しい港町

f:id:KyoChika:20161218060340j:plain

 

名古屋駅から電車で30分でいける常滑は、冬の時期に遊びに行きました。

愛知では郊外に行くほど「モーニング文化」が発展していて、この旅行中でもコーヒーいっぱいにものすごい量のサービスがついてきました。

 

f:id:KyoChika:20161218060356j:plain

 

常滑は焼き物の町として栄えていて、オシャレで珍しい坂の町が特徴的なところです。

他にもINAXミュージアムでは手作り体験もできたりと、1日中遊べる町でした。

 

f:id:KyoChika:20161218060354j:plain

 

詳しくはこちらの記事で、たくさんの写真とともに紹介しています。

 

 

それではまた追記した際にご連絡しますね。