読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

きょーちか旅行ブログ

きょーちか、それは旅する実体験ブログ

子育てで自分の時間がなくなったから「衣類乾燥機」を買ってみた。共働き世帯にもおすすめです。

おすすめグッズ

衣類乾燥機を買いました。洗濯機と一体になっているものではなく、乾燥専用のものです。

半年くらい悩んでいましたが、買った今となっては「子育て・共働き世帯は必需品や…」と思うほど便利です。

 

 

衣類乾燥機を買うまでのストーリー 

衣類乾燥機が欲しくなった理由

子どもが6カ月を過ぎた頃から家のことが段々回らなくなってきました…

6カ月までは「寝てるか泣いてるか」くらいなもんなのですが、6カ月を超えた頃から

  • ハイハイで歩きまわる
  • 散らかしまわる
  • 泣き散らかす
  • 抱っこしていないと号泣する

という感じで大変になりました。

 

f:id:KyoChika:20170115172321j:plain

 

何が大変なのかというと、集中して家事ができないため、日々の家事をするだけでもう精一杯で自分たちの時間が全く無くなってしまいました。

 

仕事に行って、家事をして、寝るだけの生活。ストレス…

 

育児は忙しいって言うし、仕方ないのかな…

 

いや、考えることを放棄してはならない!この苦境を必ず打開せねばならない!

 

そうだね…(どこでやる気スイッチ入ったんだろう…)

 

なぜ今、こんなにも忙しいのだろう?

家事で精一杯の現状、どうすればこの状況を打開できるでしょうか。

引き金となった育児を放棄するわけにはいきませんし、家事を今よりも効率的に行う必要があります。

ということで「今、自分たちがどの家事にどれくらいの時間をかけているか?」をタイマーで計測してみました。結果はコチラ

 

f:id:KyoChika:20170115152929p:plain 

 

やっぱり料理に掛ける時間が一番多いんだね

 

でも料理は好きだし、ストレス発散にもなるから、そんなに気にしてないかな

 

次に多いのは洗濯か…洗濯は一つ一つ干したり、寒い日に乾いているかを確認したりするのは、やりたい仕事じゃないな…

 

そうだね…洗濯の時間が減ると楽になるかも

 

洗濯の時間をさらに調べてみると、一番時間がかかっていたのが「洗濯物を干す作業」で、「それでは乾燥機を導入すれば良いのでは?」という流れになりました。

 

乾燥機を買う前には不安もあった

不安① 洗濯乾燥機は高い

そうと決まれば日本最大の家電店ヨドバシ梅田に乾燥機の視察に行きましょう。

 

f:id:KyoChika:20170115172323j:plain

 

しかし意気揚々と洗濯乾燥機売り場に行ってみると…

 

洗濯乾燥機が20万円…初任給かよ…

 

めちゃめちゃ高かったです。

主流のドラム式洗濯乾燥機は非常に高価で、「これは大企業の課長しか購入してはいけないものだ…」と諦めました。

そこで店員さんが紹介してくれたのが、洗濯と乾燥機が一体となっているものではなく、乾燥だけを行う専用の機械。

 

コチラのものだと

  1. 今は洗濯乾燥機が主流なので、乾燥専用の衣類乾燥機は需要が少なく何年も進化していないけれど
  2. 乾燥専用の機械なので、未だに20万円を超える洗濯乾燥機よりも乾燥機能は優れていて
  3. 価格が5万円程度と安い(重要)

 

これしかない。衣類乾燥機を買おう…!

 

洗濯機を買ってから3年しかたってなかったし、洗濯乾燥機よりも衣類乾燥機のほうが絶対いいね!

 

不安② 服とか縮まない?

これについては購入前に運良く「乾燥機があるホテル」に泊まる機会があって、そこで実際に衣類乾燥機を使うことができました。

乾燥が終わった衣類を見て

 

洋服、全然縮んでない。そしてめちゃめちゃフワフワで温かい

 

部屋干しとは比べ物にならないくらいに気持よく乾いている。むしろ夏場に外で干したくらいのカラッと感があるね!

 

これは乾燥機欲しくなったわ…

 

悩んでいるときはネットで調べないで、実際に使ってみるのが良いね

 

と大満足でした。

衣類乾燥機だからって全部が全部縮むわけじゃないんですね。

 

不安③ ウチに設置できる?

ウチの洗濯機は今をトキメク東芝製ですが、乾燥機は日立製を考えていました。

ただ店員さんに確認したところ「メーカーは同じでなくても問題なく設置できる」とのことで、そこは一安心。

次に乾燥機を支える台についても、「大体の防水バンで問題なく入る」とのことでした

 

ウチの防水パンは小さいほうだと業者さんに言われましたが、それでも入りました

 

ただ取り付けは自分でやらず、業者さんに任せたほうがいいかなって思いました。

乾燥機は重いし、高い場所に持ち上げるし、狭い場所で作業するし、と後ろで見ていてかなり大変そうでした。

私は追加費用1000円で業者さんに頼んだのですが、専門家2人がかりで1時間近くかかっていて、「自分でやらなくて良かったー」と思いました。

 

不安④ 引っ越しのときは大丈夫?

乾燥機を取り付ける前から取り外す時のことを考えるのもアレですが、引っ越しで法外な料金をとられるのも嫌ですし、業者さんに確認してみました。

すると「大体の引越し業者で取り外しはしてくれますよ」とのことで一安心。

 

これで懸念は全てなくなりました。

ということで…

 

購入して商品の到着

設置してみて

f:id:KyoChika:20170115172319j:plain

 

圧倒的な圧迫感…

 

確かに…

 

脱衣所がさらに狭くなった気がします。

実際は空中なのでスペースは有効活用できているのですが、最初は圧迫感がありました。

ただし実際に乾燥機を使いはじめると…

 

乾燥機。感動するほどに「ラク」だね。今まで一つ一つ干して取り込んでいた作業が、すべて突っ込むだけで終わっちゃうんだから!

 

冬の寒い日でも、雨の日でも、天候に左右されずに洗濯物を乾かせるってこんなに気分が良いことなんだね!今までは「洗濯物、部屋干しか…」ってストレスになってたもん。

 

花粉症の時期にも助かる。あと部屋干しだとリビングに洗濯物があったよね。あれってあまり気分が良いものじゃないし、オシャレでもないし、嫌だった。部屋干しがゼロになるってこんなに気持ちが良いんだね〜

 

カラッと乾くから生乾きの臭いもないし、完璧だね…!

 

ただ…

 

f:id:KyoChika:20170115172312j:plain

 

セーターはさすがに縮むんだね笑

 

ラクし過ぎはいけませんな笑

 

ということで私の家では「セーターがあるとき」はセーターを赤いネットに入れて、乾燥機のドア横にはマグネットを貼っています。

 

f:id:KyoChika:20170115172317j:plain

 

これでセーターなどの乾燥しちゃいけないものを間違えて洗濯しないようにしています。

ともあれ衣類乾燥機を購入したことで、私たちの洗濯の時間は随分と減りました(下図の赤い部分)

 

f:id:KyoChika:20170115152942p:plain

 

機械にできることは、機械にやってもらえばいいかな、と思います!

次は料理(上図の青い部分)も色々時短していきたいなー

 

最後に、ウチで購入したのはこちらの衣類乾燥機。

 

 

Amazonでも価格コムでも売上1位なので間違いないです。

というか衣類乾燥機を今も毎年発売しているのは日立くらいなので、コレ一択のようなもんです。

支えるスタンドはコチラにしました。コレであればスタンドが伸び縮みするので、洗濯機がどのメーカーでも大丈夫です。

 

 

私が買ったときはAmazonが最安で、設置も行ってもらいましたー!