家庭の焼肉パーティーを外食以上に楽しくする3つのポイント

SHARE

家庭の焼肉パーティーを外食以上に楽しくする3つのポイント

f:id:KyoChika:20150328093446j:plain

「焼肉といえば外食でしょう?」と思っていませんか?いやいやそれは違うんですよ。外食の焼肉には楽しみを奪う3つのポイントがあるんです。まず1つ目が買い物の楽しみ。2つ目が豊富な味の楽しみ。そして3つ目が値段の高さ。

これら3つは家での焼肉だからこそ楽しめるポイントなんです。これら3つがどんなに楽しいことか、実際に紹介してみようと思います。また家でやるデメリットの1つ、煙と臭いについての対策方法も書いていきます。

買い物の楽しみ:焼肉は「焼いて食べる」だけが楽しみではない

外食で焼肉屋に行く場合、私たちができる楽しみは「頼んで焼いて食う」これくらいのものです。でも焼肉の真の楽しみって「その前」にもあるんです。
それは買い物。みんなでスーパーに買い出しに行って、「これ食べたいね!」「こんなの焼いたら面白そうじゃない?」と話しながら選ぶのは最高におもしろいです。これは私も実際にやるまでは気づかなかったのですが、何人かで集まってスーパーに行くと自由な人たちが色んなものを焼きたがります。高級チーズとか、ハマグリとか。

f:id:KyoChika:20150328093443j:plain

また家に帰ってからは野菜を切ったり盛り付けたりしてワイワイする。焼肉は切って盛るだけの簡単な料理だからこそ、誰でも作業ができるんです。BBQと同じですよね。みんなで料理をするのは本当に楽しい。それをお店に任せちゃうなんて本当にもったいない。

豊富な味の楽しみ:家だからこそバラエティ豊かになる

みんなで選んできた食材を焼き始める。もうこの瞬間は堪りません。でも、家での焼肉は中盤戦からが真骨頂です。

f:id:KyoChika:20150328093444j:plain

例えばチーズを焼き始めたり、マヨネーズが出てきたり。家だからこそちょっとした面白そうなもので軽くアレンジしていけるのです。

価格が安い:安くて良いもの食えるとテンションが上がる

やっぱり家食は安い。特に野菜やキムチ、お酒、デザートの値段は家と店とでは全然違います。歴然とした差があります。

f:id:KyoChika:20150328093445j:plain

f:id:KyoChika:20150328093447j:plain

そうしたところで浮いた分を、いいお肉を買うお金に回してもいいですしね。大体外食するよりも家で食べると半額以下の値段でお腹いっぱい食べることができます。

注意点:換気は徹底しよう

しかし家での焼肉はいいことばかりではありません。家での焼肉は臭いが付きます。おそらくこれが家で焼肉をしたくない一番の理由かもしれません。ということで私が行っている焼肉の換気方法を3つお伝えします。

ポイント1:季節によっては外でやる

におい対策の一番は外でやることです。暑くも寒くもない季節であれば、焼肉プレートをベランダに持って行って食べます。ただこれはベランダや庭の大きさ、位置によると思うので、次からのポイントも参考にしてください。

ポイント2:換気扇と扇風機を全開にする

換気扇は煙ってきてからではなくはじめからつけておきましょう。また換気扇の真下で焼肉をすることは難しいと思うので、空気の流れを作るために窓をあけて扇風機をつけましょう。

ポイント3:カーテンは全開にする

布には臭いが残りやすく、特に面積の広いカーテンには臭いが残りやすいです。カーテンについた臭いが残って、部屋全体が臭いように感じてしまいます。そのためカーテンは閉じた状態にしておきましょう。そして焼肉の後に使える便利なやつがこいつです。

修造が出ているCMのファブリーズですね。これは男性の臭いを消すだけでなく、ファブリーズ史上最強の消臭力で焼肉の臭いも消し去ります。居酒屋の臭いにおいって焼き物がメインなので、ガッチリ目的と一致するんです。

さらにおいしくするために:おすすめホットプレート・焼肉プレート

おいしくするためのポイントとして最後にお伝えしたいのが、焼肉プレートにこだわることです。私が使っているのはこのIH対応の焼肉専用プレート。

おすすめポイントとしては、肉の無駄な油を落としてくれることと、汚れがこびりつきにくくお手入れが簡単なこと。この2点は本当に重要なポイントです。つまりは味も良くなり後片付けも楽になるということです。ぜひとも家での焼肉パーティーのポイントを覚えてしまって、安く楽しくおいしい焼肉を食べてください。そんでは。