【旅行記】深夜のサービスエリアで食べる飯は本当にウマい…

SHARE

【旅行記】深夜のサービスエリアで食べる飯は本当にウマい…

f:id:KyoChika:20150520071546j:plain

サービスエリアの夜グルメ

高速道路の休憩所である、サービスエリアやパーキングエリア。僕はここで食べるご飯が大好きです。今日はそんな魅力的なご飯のお話。何で魅力的になっちゃうのか、ゆっくりと考えてみました。

目次

1. 多賀SAでトンカツとラーメン

2. 養老SAできしめんと変な唐揚げ

3. 王将で食べる餃子とレバニラ

番外編. 夜の車内でコンビニのドーナッツ

1. 多賀SAでトンカツとラーメン

一品目は滋賀県内の多賀サービスエリアから。近江ラーメンという地元の名前を担いではいますが、ごく普通の豚骨ラーメンをいただきます。

f:id:KyoChika:20150520071541j:plain

パーキングエリアのラーメンって、普通の味ですよね。可もなく不可もなくない味。だけど不思議と良い雰囲気を感じてしまうんです。「ああ、僕は今。旅の途中なんだなぁ」と考えながらラーメンをすする。知らない町。地元の人がいない、サービスエリアという空間。誰も僕のことなんか知らない。

そうした「いつもの知っている空間とは違う場所」で食べる飯が、なんともウマく感じさせるんですよね。

2. 養老SAできしめんと変な唐揚げ

お次は岐阜の養老サービスエリア。名古屋きしめんなるものと名前の忘れた名産らしい唐揚げ。そして飛騨牛の混ぜ込みご飯をいただきます。

f:id:KyoChika:20150520071543j:plain

f:id:KyoChika:20150520071544j:plain

こちらのパーキングに着いたのは夜の10時。普段はもうそろそろ寝る時間の僕たちですが、今日はちょっぴり夜更かしして、ずるずるときしめんをいただきます。昼間は混雑する食堂も、今はパラパラとしか人がいない。静かに、黙々と、それぞれの人が目の前のご飯を食べているようです。

たっぷりの鰹節でとられたダシが、深夜の胃袋に染み渡る…あぁ、なんでこう、夜に食べるご飯ってうまいんだろうなぁ…

3. 王将で食べる餃子とレバニラ

今度はふらっと寄った王将で。食べる物は何でも良く、目の前にあったから入った王将。それなのに、入った瞬間に「レバニラという選択しかない」と思ってしまったのはなぜでしょう。

f:id:KyoChika:20150520071545j:plain

炒める前にサッと挙げられたレバーは、衣にソースがうまく沁み込んで本当にウマい。ちょっと濃いめの味付けのおかげで、左手が白米の茶碗を手放しません。どこにでもあるチェーン店。それで十分、幸せをくれるんですよね。

番外編. 夜の車内でコンビニのドーナッツ

旅の途中に立ち寄るコンビニ。本当にコンビニというのはどこにでもあるものです。コンビニコーヒーが流行って数年が経ち、最近は「コーヒーに合う商品」ということでドーナッツが販売されるようになりました。

ローソンは全品100円ということで、砂糖たっぷりのハワイアンとポンデリングのようなチョコを選びます。商品によっては温めのサービスもあって、結構な充実なんですよね。ミスド、危うしです。

f:id:KyoChika:20150520071542j:plain

ボンネットの上にコーヒーをのせ、ドーナッツをパクり。甘い。あぁ、おいしい…いつもは苦手なはずのコーヒーも、ドーナツと一緒だとなぜか美味しく感じてしまいます。苦みが甘さを引き立ててくれるんですね。

カフェインを気にしているから、夜は緑茶だって飲まないことにしているんです。でも、なぜか旅先だと飲みたくなってしまうんですよね。本当に些細なことなんですけど、イケナイことを、したくなっちゃうのかもしれません。コーヒーというかわいいことだったとしても。

人生を彩る、些細な幸せ飯

高級レストランなんて、いらない。ロケーションはどこでもよくて、僕たちが幸せと感じられるかは僕たち次第なんです。パーキングでも車内でも、そこは飯をおいしくしてくれる、特別な場所なんです。