【福岡観光】小倉駅から始まる旅は家族と人情にあふれて温かかった!

SHARE

【福岡観光】小倉駅から始まる旅は家族と人情にあふれて温かかった!

f:id:KyoChika:20150925212839j:plain

新幹線に乗ったとき、初めての停車駅となるのが小倉駅です。博多駅からたったの20分で着いてしまう小倉という場所を歩いてみると、グルメ・商店街・家族にあふれたステキな町でした。

今回は小倉駅のまわりをウォーキングした際に訪れた観光スポットについてお話します。

小倉駅家族と人情にあふれる街

駅の中を走るモノレール

出発地点は小倉駅。

ここは駅の構内にモノレールが走るという、中々におもしろい駅でした。

f:id:KyoChika:20150925212827j:plain

ちなみに小倉は「こくら」と読みます。会社の先輩に「オグラ駅から出発するんですよ!」と言って、「うん。それ、コクラ駅ね」とニヒルな笑顔をまとって訂正されたのは良い思い出。どう考えてもオグラでしょ。

小倉優子の知名度に比べれば、私がコクラという名前を知らないのは何も悪くない。

シロヤベーカリー|食べログを疑え

小倉はこだま以外の新幹線でも停まるだけあって、それなりに商業施設の整った駅でした。

そんな小倉に着いたら、ぜひとも行ってみたいお店がありました。シロヤベーカリーというパン屋。フランスパンのような食感が特徴的で、食べログのスコアが楽に3.5を超えている。凄まじい。

f:id:KyoChika:20150925212828j:plain

f:id:KyoChika:20150925212829j:plain

このお店は是非とも奥さんが行きたいと言っていたのですが、行ってみた感想としては正直微妙…食べログのスコアを疑う。食べログスコアが高いと思うものでも、普通のこともあるんですな。

シロヤベーカリー 小倉店(小倉北区/パン屋) – Retty

魚町商店街|旅はコロッケを食べたくなる

シロヤベーカリーをあとにしてからは、歩いて南を目指します。小倉は駅から15分くらい歩いても、ずっとアーケードが続いていました。

10分くらい南下したところで魚町商店街に到着。

f:id:KyoChika:20150925212830j:plain

f:id:KyoChika:20150925212831j:plain

f:id:KyoChika:20150925212837j:plain

最後の写真は松茸らしいです。私の知ってる松茸とは大きさはおろか、形も違う。九州での松茸事情が気になる。

松茸は買ってもしょうがないので、コロッケを買うことにしました。

f:id:KyoChika:20150925212836j:plain

旅に出るとコロッケを食べたくなる。コロッケって手軽に買えるけど、おいしい。そして、なぜだか懐かしい。私は商店街とは無縁の土地柄で住んでたけど、なぜか「街のお肉屋さんのコロッケ」には懐かしさを感じずにはいられない。

魚町銀天街 (北九州市小倉北区)

勝手まぐろ|半額以下の海鮮丼の乱

「そろそろ次の目的地へ向かおう」と駅へと歩いている際のこと。もの凄く気になる看板を発見しました。

f:id:KyoChika:20150925212840j:plain

通常価格1200円のところ、シルバーウィーク特価で500円という海鮮丼。これは食べたい。小倉とか福岡とかまったく関係ないけど、これは食べるしかない。鮪汁というのも、もの凄く気になります!

そうして意気揚々とお店の中に入っていくと。

f:id:KyoChika:20150925212838j:plain

f:id:KyoChika:20150925212839j:plain

f:id:KyoChika:20150925212838j:plain

f:id:KyoChika:20150925212839j:plain

まだ開いていなかった。もう11時だというのに…

海鮮丼はないが変な自転車がありました。

f:id:KyoChika:20150925212841j:plain

もう帰りたい。

勝手まぐろクロスロード魚町店(地図/写真/小倉北区/魚料理) – ぐるなび

揚子江|最高にうまい肉まん

海鮮丼への失望を胸に小倉駅へと降り立つ。

しかし、ここで転機が訪れるのでありました。

f:id:KyoChika:20150925212842j:plain

f:id:KyoChika:20150925212843j:plain

肉まんである。JRの在来線の改札の中にある揚子江というお店。210円で何となく買ったこの肉まんが、最高にウマかったのです。

まず大きさが半端ない。そして何よりもスゴいのが肉汁の量。この肉汁の量は、吸うというよりも飲むと表現した方が正しいくらいに豊富でした。

海鮮丼を食ってしまっていれば、肉まんを食おうという気にはならなかったと思います。結果オーライです。

参考サイト
揚子江の豚まん

元気のもり|家族のオアシス

最後は観光地ではないのですが、家族で観光している人には嬉しいスポットを一つだけご紹介。

1歳になる子どもが動き回りたそうにしていたので、小倉駅の近くにある元気のもりに行ってみました。良くある子育て支援センターだと思っていたのですが、ここの施設、広すぎました。

この写真ではまだ施設の5分の1程度しか写せていません。色んな遊具があるし、3歳以下のはいはいゾーンもあるし、イートインスペースもあるし、もちろん授乳室もありました。

はいはいをしている僕の子どもも大興奮でした。

マンション住まいのうちには階段がないのですが、初めて息子が階段を登る姿を見れました。

これでたった200円で入退場が自由とは、本気で小倉市に住みたくなりました。

あとがき

訪れる前は小倉駅の存在すら知らなかったのですが、駅前は予想以上に発展していてショッピングもできるし、昔ながらの商店街はどこまでも続いているのでウォーキングが楽しいし、子連れでも安心だし、とっても居心地の良い町でした。

新幹線や船で福岡に行くときって必ず小倉を通ることになるので、また福岡観光の最初か最後にブラブラと歩いてみようと思います。

おしまい。