きょーちか旅行ブログ

きょーちか、それは旅する実体験ブログ

Chromebook Flipが便利すぎてMacとWindowsには戻れなくなった

 

ノートパソコンが必要になり、その際に「できるだけ安価でいいもの」を探していました。そうして選んだのがChromebookという、WindowsでもMacでもないパソコン。

最初は「安くてもそれなりに動けばいいや」と思って買ったのですが、予想以上に機能が素晴らしくて、今となっては「もうWindowsやMacには戻れないわ…」というほどに欠かせない存在になっています。

 

 

Chromebookを選んだ4つの理由

とにかく安い

ノートパソコンを探し始めたとき、まずは価格ドットコムで「今どんなノートPCが売れているのか」を調査をしてみることにしました。予算は最初7万円くらいを考えていたのですが、「できるだけ安いのが良いなー」と思うのは当然のことです。

そのときに1位だったHPのカカクコム限定モデルも気になったけれど、価格の面と満足度の面で非常に気になる存在を見つけてしまいました。それがChromebook Flipです。

 

 

人気ランキングのTOP5に食い込んでいたこのパソコンは、何と価格は3万円台でした。かと言ってメモリなどのスペックが悪いわけではないんです。一気に惹かれました。色々調べていくうちに、Chromebook Flipを最終的に購入することにしました。

 

デザインがシンプルで美しい

写真を見た瞬間にピンときたんです。

 

「これ…スタバでドヤってるやつに似てる…」

 

はい、それはMacbook Airです。実はMacbook Airも一瞬は考えました。何だかんだiPhone、iPad、Macを持っていたのでApple製品は好きだったんです。ただMac製品はかっこ良くてシンプルだけど、基本的にスペックと値段が吊り合わないと思っていて、ブランド価格が大いに含まれている感じがしており、もう買いたくないなーって思ってたんです。

だけどこのChromebook Flipは、まるでMacbook Airのような外観だったんです。

 

 

購入前から「似てるなー」って思っていました。買ってみて、実際に手にとって使ってみると、アルミデザインのボディは3万円とは思えない高級感で、リンゴのマークがついていないだけで本当にMacbook Airみたいです。所有欲を満たしてくれる最高のデザインで、作業をするのが楽しくなってしまいます。

 

起動がめちゃめちゃ早い

次に目を引いたのは性能です。安価ながら同じ値段のWindowsPCよりも良い部品を使っています。またChromebookはWindowsやMacではないChrome OSというGoogleのOSを使っています。

このOSの一番の特徴が速度にあると思っていて、電源ボタンを押してから作業し始めるまで5秒くらいしかかからないんです。これ、かなりポイント高いです。私は仕事でWindowsを使っていて、家ではMacを使っていました。どちらも使用していくうちにどんどんと起動が遅くなっていってしまうんですね。あの作業を始めるまでに何分も待たないといけないのが苦痛でしょうがなかったんです。それがChromebookにしたら5秒。これはスゴイ魅力的なことです。

 

思いついたときに、すぐに調べることができ、すぐに書くことができる。まるでスマホの電源をつけるようなノリでPCの電源をつけて、すぐに調べられるんです。会社では未だにWindowsを使っていますが、「これ調べたいな」と思ってWindowsの電源をつけるけど、ブラウザを開く頃には、「あれ、何調べようとしたんだっけ」と忘れてしまうほどに長い間待たされます。

一度Chromebookの起動速度に慣れると、WindowsやMacには戻れなくなります。ちなみに起動速度だけでなく、処理速度も速いです。

 

ものすごく夢の広がるデザイン

さらに私の小さな物欲を刺激したのは4styleになる形状です(これはChromebookの中でもFlipのみの話)。モニターが360°も回転するから、タブレットとして利用することもできます。890gとめちゃ軽だから、持ち運びも苦になりませんでした。ちなみに11インチのMacbook Airは1080gなので重いです。

 

 

実際に購入してしばらく使っているけれど、ものすごく軽いです。軽すぎて扇風機に飛ばされるんじゃないかと夏場は心配になるくらいですね。ごめんなさい。ちょっとだけ嘘つきました。

 

360°まわるという変態的なデザインは「便利と見せかけてタブレットとしては使いづらいんじゃないの?」という不安もあったのですが、ひっくり返した際のキーボードも思ったほど邪魔になりませんでした。タブレットモードにすると自動でキーボード入力はOFFになってくれるからですね。

 

 

他にもテントモードという聞き慣れない置き方もできます。上の写真のようにスタンドさせる感じです。最初はこの置き方の使いみちがわからなかったのですが、料理しながらメニューを見るときに重宝します。台所はスペースが狭いので縦に立てるのが便利なんですね。

 

これだけ使いみちが多かったおかげで、元々持っていたMacとiPadが不要になりました。一つのChromebookが、MacとiPadのニーズを飲み込んでしまったのです。これは物が少ないほうが嬉しい私としては清々しいことでした。出張のときも荷物が減りましたし。

 

Chromebookを買う前に不安だったこと

もちろん初めてのChrome OSということで色んな不安があったがありました。Chrome OSというのは基本的にChromeブラウザの機能しか持たないシンプルなPCなので、WindowsやMacでできてChromebookでできないことというのが出てきます。

しかし、4ヶ月ほど使ってみて大体の使い方を経験してきた今の時点で考えても、私の使い方ではChromebookで十分だったんです。

 

ここでは私が不安に思っていたことをメモしていきたいと思います。

 

画像編集ができないのでは?

画像編集もバリバリ使えます。PhotoshopやIllustratorでさえ使えます。

→日本国内では使えませんでした。詳細はこちら

 

jp.techcrunch.com

 

米国の一部教育機関にベータ版としてリリースされているようです。ベータ版ということなので、正式版がリリースされる頃には日本国内でも使用できることを期待します。 

ただ私はPhotoshopほどの機能は使いこなせないので、Googleフォトの編集機能であったり、無料のChrome拡張を使っています。

 

 

このPixlrという無料のChrome拡張でできることが多すぎて、どうすれば「機能が足りん…」と不満になれるかはわからないです。

まだ使いこなせていないのですが、RAW現像もPolarrという無料拡張アプリでできるそうです。

 

 

ただ、複数の写真を一括で編集するアプリはまだ見つけられてないです。もちろん一枚ずつ入れることはPixlrでできるのですが、めんどくさい。仕方ないのでそこは諦めることにしました。

 

YoutubeやAmazonプライム動画が見れないのでは?→見れた

動画サイトもちゃんと見れました。最近Amazonプライムファミリーに登録したついでにAmazonプライム動画も見放題になりました。今はこのChromebookでスラムダンクや孤独のグルメとかをのんびりと見ています。

Chrome OSだと見れない動画サービスがあるって聞いていたのですが、Amazonプライム動画はちゃんと見れたので安心しました。

 

キーピッチが狭すぎて打ちづらいのでは?

これはChromebook全般ではなく10インチのChromebook Flipだけに言えることですが全然苦になりませんでした。ちなみChromebookは私が買った機種以外にも山程出ていて、アメリカだとWindowsよりも売れてるらしいです。

もともと会社のPCがLet's Noteで12インチだし、MacBook Airの11インチモデルをヨドバシで触ってみたけれど、Chromebook Flipも主要部分(ローマ字部分)はそんなに変わらなかったです。

 

価格が安いWindowsも増えてきた

デザインと基本性能の高さでChromebook Flipに惹かれたのですが、最近は3万円台のWindows PCも増えてきています。

 

 

Chromebook Flipと同じASUSが作っているこれとかだと、今書いている現在(16/8/5)では3万円以内でWindowsのパソコンが買えちゃう時代なんですね。

同じ値段でWindowsが買えるなら、デスクトップアプリケーションが充実しているWin PCを買ったほうがなにかと安心かな…とか色々悩みました。

 

だけど、

  • 「色々できるけれど、起動も処理も遅いです…」っていうWindowsよりも、
  • 「できることは最低限だが、起動も処理も爆速だぜ!」っていうChromebookのほうが

個人的には魅力的だったんです。これは人によって分かれると思うけど、安定志向の人にはWindowsが良いかと思います。周りの目線を気にする人はMacが良いかと思います。なんだか関係各所から怒られそうですけど。

 

Chromebookを買ってからiPadとMacを断売離した

と、こんな感じでChromebookに不満は持ってないのが正直なところです。音楽をバックで鳴らしながらブログを書いたり、動画を見ながら調べ物したり、ときどき画像編集する程度の自分にとってはChromebookで十分でした。きっとお気に入りの動画編集ソフトや音楽制作ソフトを使う人には物足りないというか、無理なパソコンな気はします。

 

幸運なことに私のパソコンの使い方ってとても基本的なことだったので、Chromebookでものすごく満足しています。ということで、MacとiPadはヤフオクで売却することにした。

 

f:id:KyoChika:20150705091543j:plain

 

Mac miniさん、iPad Airさん、今までとってもお世話になりました。

Chromebookさん、これからよろしくお願いします。

 

購入の際に検討したChromebook

最後に、Chromebookに決めたあとにその中でもさらに悩んだ3製品をまとめます。

 

大きめディスプレイの性能重視 

 

私はパソコンでAmazonプライム動画を見ることが多いので、映像がキレイに移ることも重視していました。その際にChromebookの中で一番キレイな画質だったのがこれでした。ディスプレイも13.3インチなので程よく大きく、家の中で使うのがメインの人にはぴったりですね。

 

なんといっても価格重視

 

せっかくならばできるだけ安いものが良いと思っていたので、Chromebookの中でも特に安いこれも検討候補でした。3万円切りますけれど起動や処理はやっぱり速いです。

 

バランス重視とガジェット性で最終的にこれ

 

最終的に選んだのがこの記事でも中心に話してきたこれです。持ち運びやすい、タブレットみたいにもなるというのが個人的には刺さりました。家でも出張先でもどこでも簡単に持ち運べます。そしてやっぱり起動や処理が早い!もうWindowsとMacには戻れません。それでは。