クアラルンプール観光で思い出に残った7つのこと

SHARE

クアラルンプール観光で思い出に残った7つのこと

f:id:KyoChika:20170919221635j:plain

写真:宿泊したホテルからの景色

有休を利用してクアラルンプールへ行ってきました。バリへ行くためのトランジットとして滞在したので観光はほとんどしていませんが、たくさんの思い出ができました。

超快適で格安な高級ホテル

トレーダーズホテル

f:id:KyoChika:20170919221638j:plain

クアラルンプールではトレーダーズホテルという4つ星ホテルに宿泊しました。このホテルがサービス・ロケーション・価格のどれをとっても最高だったんです!

泊まった日は9月の休前日でした。キングベッドの部屋が朝食込みで1人7,500円。特別フロアである「クラブルーム」を使えるプランで泊まりました。

到着して早々、クラブルームへ行くと軽食とアルコール飲み放題のサービスでお出迎えです。ワインやリキュールが大量に並んでいて、どれを飲んでも無料というのだからスゴイ!とりあえずタイガービールで乾杯!

f:id:KyoChika:20170919221643j:plain

アルコール類は17:00-19:00のみですが、ノンアルコールであれば好きなときに飲めるので、ホテルに帰るたびにクラブルームへ行って喉を潤してから部屋へ戻っていました。

トレーダーズホテルはロケーションも最高で、ペトロナスツインタワーを真正面の良い高さから眺めることができました。屋上プールからもクラブルームからもツインタワーが見えるので、食事中でも遊んでいるときでもいつでも横を見ればツインタワーの景色がそこに!

f:id:KyoChika:20170919221649j:plain

マレーシアは高級ホテルでも値段が安いと聞いていましたが、まさしくその言葉のとおり!トレーダーズホテルについては詳しい記事をまとめる予定です。

クアラルンプールの四つ星ホテル | トレーダース ホテル クアラルンプール

世界中の友だちができる公園

KLCC公園

f:id:KyoChika:20170919221650j:plain

晴れた日のお昼にKLCC公園へ行くと、世界中の友だちができました!

KLCC公園は宿泊したホテルとツインタワーの間にありました。公園内には遊具、プール、噴水があり、そのすべてを無料で遊ぶことができます。

f:id:KyoChika:20170919221642j:plain

公園にあるプールで遊んでいると、たくさんの子どもたちが息子たんと遊んでくれました。マレーシアは多国籍国家なので、色んな国の子たちが一つの場所で遊んでいました。

f:id:KyoChika:20170919221640j:plain

息子たんはまだ1歳だからほとんど喋れないのですが、覚えたばかりの「ハイ!」と「バイバイ!」だけを使ってたくさんの子どもと遊んでいました。「子どもはスグに打ち解けられてスゴイな〜」としみじみする僕です。

KLCC公園には緑も多く、ツインタワーもすぐ近くの見える場所あります。

f:id:KyoChika:20170919221641j:plain

ビルばかりが並ぶクアラルンプールKLCCの中ではまさにオアシスのような場所でした。

KLCC公園 – Google マップ

屋台のご飯が安くてウマイ

アロー通り

f:id:KyoChika:20170919221644j:plain

夕方になってからは屋台飯を食べに行きました。

高級ブティックが並ぶブキッビンタンから歩いてスグのアロー通りには、500mの通りに屋台が所狭しと並んでいました。カラフルな屋台、活気あふれる人々、この雰囲気が「アジアに来たんだ!」って気にさせてくれます。

f:id:KyoChika:20170919221645j:plain

「賑わっているお店がおいしいお店だ!」と信じて中華料理っぽいお店に入ってみます。

f:id:KyoChika:20170919221646j:plain

100円くらいのワンタンメンは格安なのにおいしくて、一緒に頼んだ手羽先らしき何かも突き抜ける爽快な辛さが最高でした。

f:id:KyoChika:20170919221648j:plain

「屋台には絶対に行きたい!」と夫婦で思っていたので、最高の思い出になって良かったです!

アロー通りの屋台 – Google マップ

食は日本人好み

疲れた体に染みるマレーシア料理

f:id:KyoChika:20170919221637j:plain

マレーシアで食べた料理はサッパリとする味が多く、食べ終わった後に爽快な気持ちになれました。ホテルで頼んだルームサービスも、屋台で食べたご飯も、マズイものが一つもなく、すべてがおいしかったです!

f:id:KyoChika:20170919221639j:plain

東南アジアならではの「辛い料理」もたくさん食べました。ソースが別添えになっていることが多く、自分の好みに合わせて味を調節できます。

f:id:KyoChika:20170919221647j:plain

ソースはちょっと入れるだけでも、かなりホットなお味に。辛いものには結構自信があるのですが、そんな僕でも大満足の辛さでした。辛い物好きにはたまらない場所です!

暑い国の料理だからかバテた身体に染み入るものばかりでした。旅の疲れを癒やしてくれるマレーシア料理が大好きになりました。

移動はUBERが超便利

値段交渉もなく安全な車

マレーシアでは初めてUBERを使いました。UBERは僕のイメージでは「海外の超安全なタクシー」です。クアラルンプールでGoogleマップを使うと、見慣れた「車・電車・徒歩」の右に「手をあげた人」の絵が出てきます。この画面からそのまま車を現在地に呼べるのです。

f:id:KyoChika:20170919221651p:plain

UBERでは運転手の評価も行うのでドライバーは下手なことはめったにしません。そして何より画期的だったのが、乗車前に料金が決まり、下車時に自動的にクレジット決済されるということです。これで「値段交渉の手間」と「支払い時にモメる手間」から開放されるのです!素晴らしすぎる!

実は1回目の利用時は車が来ないという軽いトラブルがありましたが、以降4回はノントラブルで快適そのものでした。検索はGoogle、買い物はAmazon、スマホはApple、そして車はUber。それくらいに画期的なサービスでした。

余談ですがクアラルンプール空港からはUBERを使わずに、税関を抜けてスグのエアポートタクシーを使ったほうが早いです。値段も変わりませんでした。

https://www.uber.com/ja-JP/

KLIA空港リムジン&タクシーサービスの利用法

スコールも良い思い出

マレーシア人の人柄に感謝

屋台街へ行ってスグのときに、東南アジアならではともいえるスコールにあいました。とりあえず一番近くの屋台へと逃げ込んだのですが、パラソルやイスが吹っ飛んでいくほどに強力で、最初のうちは家族でかなり不安な気持ちになっていました。

f:id:KyoChika:20170919223359j:plain

だけどお店の人が子どもにちょっかいを出してくれたり、お客さんが子どもにジュースをおごってくれたり、現地の人に優しくしてもらっているうちに不安な気持ちも少しずつ去っていったんです。

雨は10分ほどで突然やみました。スコールで不安な思いもしましたが、現地の人の優しさに触れられて良い思い出にもなりました。

あとがき

2泊3日のクアラルンプール観光。初日は夜に到着し、最終日は朝に出発してしまったので、実質観光に残された時間は1日だけ。観光地らしい観光地は屋台街くらいしか行きませんでした。

のんびりとホテルで過ごす時間が多かったクアラルンプール旅行ですが、意外と思い出もたくさんできました。「○○に行った!」という場所に関する思い出は少なかったけれど、人に会ったりおいしいものを食べることはできたので大満足です。

初めてのクアラルンプールとしては良い雰囲気を感じられて良かったと思います。次回はのんびり1週間くらい滞在して、いくつか有名な観光スポットも巡ってみたいな。