子供との旅行中でも『普通の公園』に行く3つのメリット

SHARE

子供との旅行中でも『普通の公園』に行く3つのメリット

子供との旅行中、絶対に行っておきたいおすすめの場所はどこですか?
僕の場合はどこにでもある公園です。

「旅先なのに、なんでわざわざ公園なの?」と思われるかもしれません。

そこで今回は、子供との旅行中に公園に訪れる3つのメリットについてお話します。

旅先で公園に訪れる3つのメリット

それでは、実際に子供と旅する中で僕が感じた旅先で公園に訪れるメリットについてお話します。メリットは3つありました。

  1. 子供が喜ぶ
  2. 子供が健康的に疲れてくれる
  3. 叫んでもはしゃいでも迷惑がかからない

それぞれについて、詳しく話していきます。

子供は観光地よりも公園に喜ぶ

まず一つ目は子供が喜んでくれることです。
実は観光でよく訪れる場所は、子供が退屈する場所が多いです。
城とか寺はもちろんのこと、テーマパークでさえ子供にとっては退屈に写ってしまうことがあります。

実際、最近とある愛知のテーマパークに行ったのですが、うちの子供が一番遊んでいた場所はそこら辺の砂利でした。
もはやアトラクションですらありません。

子供にとってはどんなテーマパークよりも、どんな有名な観光地よりも、

  • 砂場
  • ブランコ
  • 滑り台

そういったものが何よりも楽しいのです。

「有名観光地に行きたいのは、あくまでも親の都合なんだな」と気付かされました。

子供が健康的に疲れる

2つ目は子供が健康的に疲れるということです。

旅行というのは、ずっと楽しく遊べるわけではなく、むしろ退屈な移動時間の方が多いです。
電車や車の移動の時は、静かにじっとしてなければなりません。
退屈な移動時間は、子供にとってはストレスになってしまいます。

そのため車や電車移動の後は退屈な気持ちを思いっきり発散させるためにも、公園に行くのが良いのです。
しっかり疲れてくれれば、その後のお昼寝がはかどります。
しっかりお昼寝してくれれば、親たちはその後の観光を静かに楽しむこともできます。

つまり公園に行くことは、親のためにもなるのです。

叫んでもはしゃいでも迷惑がかからない

最後のポイントは叫んでもはしゃいでも迷惑がかからないことです。

旅行先に行くと、いつも以上に周りの目を気にしないといけない場面が増えてきます。
子供が叫んでいると、周りの目線が気になってしまう時がありますよね。

そんな時こそ、公園です。

公園にいるのは、私たちと同じような子供とその親ばかり。
お互い子供が叫ぶのは当たり前のことですから、気にする大人はほとんどいません。
僕たち親も気を遣わなくていいですし、子供も思いっきり遊ぶことができます。

いつ公園に行くべきか

それではそんなメリットがある公園には、いつ行くのが良いのでしょう。
僕が良く公園に行くのはこんな時です。

  1. 退屈な時間が長く続いたあと
  2. これから退屈な時間を過ごす前

まずは退屈な時間が長く続いた後です。
たとえば、車移動の後であったり、お寺など親の巡りたい観光地に行った後。
子供は遊びたくてストレスが溜まっているので、公園で思いっきり遊ばせてあげたいです。

あとは「これから静かに眠ってくれたら嬉しいな」っていう時もオススメです。
たとえば、この後にちょっと長めの電車移動がある時とかは、その前にちょっと公園に行っておく。
すると、いい感じに疲れてくれて、電車の中で眠ってくれるということもあります。

もちろん寝てくれないでギンギンに起きていることもあります(泣)
でも、公園で遊んでいるかどうかで子供の暴れたい度合いは変わる気がしています。
電車前の公園は大事にしたいです。

おわりに

旅行に行ったら、いろんな観光地に行きたくなる気持ちはあると思います。
だけどその観光地が子供にとっても楽しいものであるとは限りません。
親だけでなく子供が楽しめる場所に行くことで、家族みんながより楽しく旅をすることができるのです。

みなさんも一度、旅先で公園に行かれてみてはどうでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください