きょーちか旅行ブログ

きょーちか、それは旅する実体験ブログ

九州旅行で18泊したのでおすすめ観光地を20個だけ厳選して紹介します

 

投稿日:2015年6月26日(この記事は2017年5月7日に更新されています)

 

こんにちは。旅するブロガーのきょーちか(@KyoChika930)です。

九州は2周しました。合計4000kmです。一度目はジェットスターに乗って福岡へ向かい、7泊8日の九州一周旅に出ました。二度目は新幹線で小倉に向かい、6泊7日の旅。その際にはたくさんの旅行記を書いたのですが、せっかくなので「九州2周旅行で知った感動・絶景スポット」を旅情とともにまとめておこうとおもいます。

 

 

熊本 -くまもんの支配地-

f:id:KyoChika:20150624192709j:plain

 

熊本に行って驚いたのは、想像以上にくまもんの勢力が拡大していたということ。いたるところにこの無表情のクマが現れては、その丸い目でこちらを見つめてくる。怖いとかわいいは紙一重です。

 

『熊本城』 歴女も男も大満足

f:id:KyoChika:20150624192711j:plain

 

正直に言うとお城にはあまり興味はなかったのですが、ここ熊本城は観光客のニーズをしっかりと掴んでおり楽しむことができました。歴女を狙ったようなイケメン武士が現れたり、男を狙ったような和装美女が現れたり。

 

f:id:KyoChika:20150624192710j:plain

 

場内でもイケメン武士が解説してくれます。夏だったのですが、

『涼しいじゃろう。ここは自動空気冷却装置という最新の機械が入っておるでな!ははははは!!』

という感じで歴史ジョークも織り交ぜてくれる。

 

f:id:KyoChika:20150624192712j:plain

 

天守閣からの景色も最高です。

 

f:id:KyoChika:20150624192713j:plain

 

城に興味がない一般の人でも、熊本に来たら訪れておきたい場所でした。

 

アクセス:アクセス情報 - 【熊本城公式ホームページ】

 

『阿蘇山頂火口』 警報をチェックしよう

f:id:KyoChika:20150624192714j:plain

 

阿蘇の山頂では火口を見学することができました。結構意外だったのが、硫黄の臭いもあまりしないし、何より火口は青い色だったということです。勝手に赤だと思っていました。

 

f:id:KyoChika:20150624192715j:plain

 

阿蘇山の緑は美しいです。冷えかたまった黒々とした火山岩とのコントラストが本当にキレイ。

 

f:id:KyoChika:20150624192716j:plain

 

僕が行った日は大丈夫でしたが、阿蘇山は火山ガスのレベルが日々変わる場所です。観光のために火口のリアルタイム状況を確認できるサイトがあるので、行く前にチェックできていると安心ですね!

 

参考:阿蘇火山火口規制情報

 

熊本には、ここでは紹介しきれない程のおすすめスポットがあります。ぜひ皆さんに行ってほしい鍋ヶ滝という場所も、こちらの旅行記で紹介しています。

 

 

行くのが難しい場所にあるので、私は2回目の九州旅行で行きましたが、感動的な場所でした。あわせてご覧ください。

それでは次は福岡のおすすめスポットです! 

 

 

 

福岡 -学問の神に出会う県-

f:id:KyoChika:20150621150041j:plain

 

福岡には3回上陸していますが、門司港のようなオシャレな港町、博多のような流行に敏感な都会、八女のような大自然など、あらゆる観光スポットが点在しているように思います。

そんな福岡の観光地の中から今回は厳選して2つだけを紹介します。「もっと色んな観光スポットを知りたい!」という方は福岡に特化したこちらの記事がおすすめです。

 

 

『太宰府天満宮』 学問の神様に出会う

f:id:KyoChika:20150624192652j:plain

 

太宰府天満宮は学問の神様として広く知られている(らしい)菅原道真公を祀る場所です。歴史は詳しくないので詳しいことは語れませんが、ここは異様に中国人が多い場所でした。 国際的に人気なのかもしれません。

 

f:id:KyoChika:20150624194010j:plain

 

京都にある北野天満宮・錦天満宮と同様に「撫でると撫でた部分がよくなる牛」さんもいました。天満宮に牛がいるのは理由があるそうです。

道真公は牛に命を救われたことがあり、その際は泣いて喜んだそうな。この牛を擬人化したらとんでもないラブロマンスになりそうですね。

 

参考:菅原道真公と牛について|長岡天満宮

アクセス:【アクセス方法】博多駅から太宰府天満宮までの色々な行き方【まとめ】 - NAVER まとめ

 

『スタバ 太宰府天満宮表参道店』

f:id:KyoChika:20150621144730j:plain

 

チェーン店のスタバだけど、時々見かけるコンセプトショップがここ太宰府にもあります。店内の至る所が木は驚くことに、釘は使わない伝統工法で作られているそうです。凄い。 

 

 

 

佐賀 -ごめんなさい-

f:id:KyoChika:20150621144732j:plain

 

佐賀にはホントに申し訳ないのですが、一瞬しか立ち寄ることができませんでした。だけど楽しかった。

 

『吉野ヶ里遺跡』 予想以上におもしろい

f:id:KyoChika:20150624192655j:plain

 

『遺跡?そんなもの行っておもしろいのかよ?』

 

はい。僕もそう思ってました。ただ、この遺跡は若者が行ってもおもしろいんですよ。

高速道路からすぐのところにある吉野ケ里遺跡は、竪穴式住居があるだけでなく、勾玉づくり体験ができたり、大自然で信じられないくらいのトンボと戯れたり、ボランティアのおじさんがおもしろかったりと、とにかく異質の体験ができるんです。 

 

f:id:KyoChika:20150624192653j:plain

 

こすって勾玉を作りました。 

 

f:id:KyoChika:20150624192654j:plain

 

予定が詰まっていたので佐賀はすぐに撤退しましたが、もしかしたらもっとおもしろい所たくさんあったのかも。

 

大分 -温泉を最大限に楽しめる-

f:id:KyoChika:20150621164451j:plain

 

大分にある別府は源泉数、湧出量ともに日本一であり、その温泉天国度は宿だけでなく観光地にまでありありと表れていました。

 

『別府地獄めぐり』 8つの地獄

f:id:KyoChika:20150624192717j:plain

 

別府には別府地獄めぐりという観光地があり、そこでは8種類の珍しい温泉がありました。珍しいってのは、オカシイぐらいに珍しいってことです。

まず色が青とか赤なのは当たり前だし、時々噴火したように温泉が湧き出るようなところもありました。 

 

f:id:KyoChika:20150624192719j:plain

 

なぜかリャマなどの動物もいたりと、温泉には関係のないアレコレもたくさん。 

 

f:id:KyoChika:20150624192718j:plain

 

ゆっくり見ようと思えば3時間は必要。温泉好きもそうでない人も楽しめる。絶対いくべきスポットです。

 

アクセス:別府地獄めぐり アクセス 

 

『由布院 料理宿ZEN』 九州No.1の料理が出る旅館 

大分に泊まるなら絶対におすすめできる旅館があります。それが由布院にある温泉宿ZENです。

 

f:id:KyoChika:20151010085321j:plain

f:id:KyoChika:20151010085326j:plain

f:id:KyoChika:20151010085327j:plain

 

料理では九州No.1に選ばれている宿です。こんな感じのフルコースを個室でいただけて、とってもおいしかったです。

 

 

 こちらの旅行記で紹介しているので、合わせて読んで頂けると嬉しいです!

 

 

 

 

長崎 -異国情緒ただよう-

 

30秒でわかる「長崎県」の魅力 

長崎県の観光スポットは長崎市と佐世保市に訪れました。

 

歴史的な貿易都市であった長崎市は、オランダ文化や中華街などの異国情緒が楽しめる町でした。また市内には平和公園などの戦争をおもう場所があるのも特徴的です。

佐世保市にはオランダの町並みを忠実に再現したハウステンボスがあり、ここはディズニーやUSJとはまた違うコンセプトのテーマパークが広がっています。ハウステンボスのほかにも複雑な海の地形によって育まれる海鮮グルメも絶品でして、長崎は食も遊びも歴史もある観光にはもってこいの場所でした。

 

『グラバー園』 美しい庭園

f:id:KyoChika:20150624192722j:plain

 

長崎市内にある有名な観光地。有名というだけを理由に行ったのでどんな由来があるのかまったくわかりません。多分グラバーさんという実業家の邸宅だと思います。

歴史的なことはわからなくてもここは四季折々の季節が美しいです。特に夏場は花畑が本当に美しい。

 

また、ここでは昔の衣装を着て写真を撮れるという施設もあり、けっこう楽しめました。歴史わからずとも景色とレジャーは存分に楽しめるところです。

 

アクセス:グラバー園 | アクセス

 

『稲佐山温泉ふくの湯』 1000万ドルの夜景温泉

f:id:KyoChika:20150624192725j:plain

 

長崎は函館の100万ドルに対抗して1000万ドルの夜景が有名ですが、実はこの夜景を眺めながら入れる温泉があります。それがふくの湯です。 

スーパー銭湯のように大小さまざまな温泉が楽しめるのはもちろんのこと、カップルや家族に嬉しいのが貸切風呂があるところです。 

 

f:id:KyoChika:20150624200423j:plain

 

貸切風呂からの夜景も最高です。 

 

f:id:KyoChika:20150624192726j:plain

 

長崎に来て1000万ドルの夜景を見る人はいくらでもいるとは思いますが、大事な人と個室空間で温泉につかりながら見るっていうのは、なかなか珍しい体験になりました。

長崎市内のいたるところからシャトルバスも出ていますので、アクセスも比較的楽でしたよ!

 

アクセス:長崎の新観光名所:稲佐山温泉ふくの湯長崎店

 

長崎新地中華街

f:id:KyoChika:20150621144804j:plain

 

ちなみに横浜の中華街に行ったことがある人は、長崎の中華街に期待をしてはいけません。めっちゃ小さいです。

 

アクセス:長崎新地中華街

 

『平和公園』 目を瞑る

f:id:KyoChika:20150624192727j:plain

 

8月9日に原爆投下された爆心地にある公園。

キャーキャーしながら入るような場所ではない。普段は原爆や戦争のことなどまったく考えないけれど、こうやってその場に立つと、不思議と落ち込んだり、思慮深くなったりします。これが観光の良いところだと僕は思っています。

 

『ハウステンボス』 長崎県オランダ市

f:id:KyoChika:20150624192729j:plain

 

HISのおかげで長崎の一大観光地と化したハウステンボス。

ここは景色が最高にきれいでした。花畑・風車・家々が美しく、ハリボテ感もまったくないんです。

 

f:id:KyoChika:20150624192732j:plain

f:id:KyoChika:20150624192730j:plain

 

特に夜がキレイで、一日を過ごす時間がないのであれば絶対に夜をお勧めします! 

 

f:id:KyoChika:20150624192731j:plain

 

毎回グルメやアドベンチャーやアートなど様々なイベントをやっているので、それらをチェックしていく時期を決めるのも良いと思います。ちなみに僕の時はワンピースでした。

 

アクセス:アクセス|ご来場ガイド|ハウステンボスリゾート

 

『九十九島クルージング』 美しい島々

f:id:KyoChika:20150624192733j:plain

 

JR最西端の駅である佐世保駅からバスで行ける九十九島は、島々の景色を見ながらゆっくりと船に乗れる癒しスポットでした。 

 

f:id:KyoChika:20150624192734j:plain

 

ちなみに夕方だとこんな景色。 

 

f:id:KyoChika:20150624192735j:plain

 

ちょっと違和感があるのは、飾ってあった「写真」をカメラで撮ったからです。意外とキレイに撮れるもんだ。

 

アクセス:九十九島クルージング|パールシーまでのアクセス情報 

 

 

 

鹿児島 -噴火も見れる-

f:id:KyoChika:20150621144742j:plain

 

個人的には一番ご飯がおいしかった鹿児島。そんな鹿児島は自然と文化の双方を楽しめる県でもありました。

 

『桜島』 まずは城山公園から

f:id:KyoChika:20150621144741j:plain

 

鹿児島に来たのであれば桜島を見なければ話は始まりません。まずは城山公園に行って桜島の全景を見るのをお勧めします。ちなみに僕が行った日は曇天だったので、写真は割愛します…

 

アクセス:城山展望台|鹿児島の夜景スポット案内,行き方,アクセス,詳細

 

桜島へは是非ともフェリーに乗って上陸を果たしましょう。車ごと乗せられるため桜島ドライブを楽しめます。

 

f:id:KyoChika:20150624192701j:plain

 

桜島山頂からの景色は曇天だとしても中々綺麗でした。

 

f:id:KyoChika:20150624192702j:plain

 

景色に見とれていたら、まさかの噴火です。

 

f:id:KyoChika:20150624192703j:plain

 

実は桜島というのは小さい噴火は日常茶飯事で、このあとも二回程、黒煙が立ち上る噴火を目撃しました。市内には火山灰専用のゴミ捨て場がある程。異世界アドベンチャー都市。

 

『仙巌園』 篤姫の舞台

f:id:KyoChika:20150624192657j:plain

 

鹿児島市内には大河ドラマにもなった篤姫の舞台仙巌園があります。ただ、宮﨑あおいには会えませんでした。残念。

 

カブトにはキツネがついていました。

 

f:id:KyoChika:20150624192656j:plain

 

美しい庭園に癒されます。ココ仙巌園からも桜島を眺めることができました。

 

f:id:KyoChika:20150624192658j:plain

 

仙巌園の隣には鹿児島の伝統工芸である薩摩切子のショップもありました。写真では伝わりづらいですが、薩摩の切子の美しさは素晴らしいんです。ぜひ一度見て欲しい。

 

ちなみにこれ一つ5万円くらいします。1セットではなく1グラスで。

 

f:id:KyoChika:20150624192659j:plain

 

こちらのビックな切子はなんと420万円でした。それなら軽自動車3台買うわ…

 

f:id:KyoChika:20150624192700j:plain

 

アクセス:営業案内 | 名勝 仙巌園 [磯庭園]

  

『犬飼の滝』 坂本龍馬の新婚旅行

f:id:KyoChika:20150624192704j:plain

 

鹿児島県霧島市北部にある約40mのダイナミックな滝。ここは坂本龍馬が新婚旅行でも訪れた場所です。この新婚旅行は日本初と言われています。僕たちが結婚した際に長期連休を取れるのも、実は龍馬のおかげだったということですね。

 

こいつはちゃんと龍馬に感謝しなければならないですな。

 

アクセス:犬飼滝|観光スポット|鹿児島県観光サイト/本物。の旅かごしま 

 

鹿児島、いいところですね。これだけでは鹿児島の良さは伝えきれていません。ぜひ皆さんに時間をかけてでも行ってほしいスポットをこちらの旅行記で紹介しています。

 

 

私は2回目の九州旅行で行った場所です。特に鹿児島は市内を巡っておいしいものを食べるのもいいけれど、足を伸ばして温泉や自然に触れてこそ!というくらい満足しました。あわせてご覧ください。

それでは次は宮崎のおすすめスポットです! 

 

 

 

宮崎 -県境しか行けないぞ-

f:id:KyoChika:20150621144751j:plain

 

宮崎県は陸の孤島です。九州一周で宮崎に立ち寄ろうとすると大幅なロスになってしまいます。ということで宮崎をもっと知りたい人は、飛行機で行くことにしましょう。ちなみに宮崎ブーゲンビリア空港というらしいです。おぉブーゲンビリア。

 

『高千穂峡』 晴れた日に行きたい

f:id:KyoChika:20150621144750j:plain

 

宮崎といえば高千穂でしょう。美しい滝が流れ込む岩の谷間を、笹がさの帽子をかぶって舟で行く。何とも風情があるじゃないですか。ちなみに私が行った日は前日の雨量が多過ぎて渡し船は禁止になっていました…

 

どれくらい雨量が多かったのかというと、普通の道路脇にもリトル高千穂ができてしまうくらい凄かったみたいです。これ、道路脇の写真ですよ。

 

f:id:KyoChika:20150624192705j:plain

 

リトル高千穂も珍しくてよいのですが、せっかくなら渡し船に乗りたいですよね。お天気は運次第でしょうが、前日にチェックだけはしといても良いかもしれません。

 

アクセス:アクセス | 高千穂町観光協会 | 宮崎県 高千穂の観光・宿泊・イベント情報

 

『天岩戸神社』 洞窟の中の静かな場所

f:id:KyoChika:20150624192708j:plain

 

天岩戸神社という何ともクールな名前の神社は、宮崎の洞窟の中にありました。洞窟内の至る所では積まれた石が散乱しており、昔大好きだったぬーべーの話を思い出します。 

成仏できなかった子どもは石を積めば成仏できる。だけどいつも鬼が邪魔しにきてしまうから、いつまでも成仏できずに石を積み続ける、というお話。その話と同じ由来なのかは知らないですけど。

 

f:id:KyoChika:20150624192707j:plain

 

大自然の中にある大きな洞窟です。駐車場から歩いて20分くらいだったと思います。遊歩道も整備されているし、比較的手軽に行くことができました。パワースポットでもあるらしいので、「力が、力が欲しい・・・」方はぜひ。

 

アクセス:天岩戸神社 | 観光スポット | 高千穂町観光協会 | 宮崎県 高千穂の観光・宿泊・イベント情報

 

ここで紹介しきれなかった宮崎のスポットはこちらの旅行記で紹介しています!

 

 

穴場の花畑や宮崎市内のグルメ情報も載せているのであわせてご覧ください!

 

 

これからも旅行した際に随時追加していこうと思います。 

 

グルメ記事ならこちらもオススメです 

www.kyochika.com