きょーちか旅行ブログ

きょーちか、それは旅する実体験ブログ

【広島】メイドさんがいるお好み焼き屋「もみじ亭」は異世界だった

 

「給仕をするのがメイドの勤めっ☆」

 

未だかつてそんな夢のようなお店に出会ったことはありますか?

僕はあります。しかもメイドのイメージからかけ離れた「広島のお好み焼き屋」さんで。

 

場所は広島、原爆ドーム近く

原爆ドーム

 

春です。

広島出張での仕事終わり、少しでも観光がしたいと思って原爆ドームへ行ってみました。

 

 

ライトアップされてます。

近くにあった文献によると、ちょうどこの真上で原爆が炸裂したそうです。真上だったので爆風を免れた建物が、今もこうして残されている、と。

 

 

そんな場所でドローンを飛ばしたのは誰だ。

 

オリヅルタワー

 

原爆ドームの真横には、広島の新観光名所オリヅルタワーがありました。

 

 

こんな感じで建物の壁がなく、圧倒的な開放感だそうです。

ただ時間が間に合わず閉店。地元の人によると「値段が高すぎる割にショボい」そうです。なるほど。

 

お好み焼き屋「もみじ亭」へ

 

歩いていたらお腹が空いてきました。Googleさんに「近くのお好み焼き屋」と教えてもらった「もみじ亭」に向かいます。

アーケードが続く道。僕の住む地域にはないので新鮮です。

 

そうしてたどり着いたもみじ亭がここ。

 

 

なにかがおかしい

 

階段を登っていきます。

 

 

すでに異空間です。この道が異空間につながっている気がします。

このときは割とドキドキしていました。

 

階段の壁。

 

 

やっぱりおかしい

 

階段の陳列棚(?)

 

 

絶対おかしい

 

お店の入り口

 

 

おかしい

 

僕はこのドアの前で1分ほど立ち尽くしました。入るべきか、入らぬべきか。

ドアの前でおどおどしている姿を、中から監視カメラで覗かれていて「m9(^Д^)プギャー」って言われているんじゃなかろうか…

なんて考えながら、結局入ってみることに。

 

ガラガラ(ドアの開ける音)

 

「いらっしゃいませーっ☆」

 

f:id:KyoChika:20170403204114j:plain

 

なんと…

メイドさんが、おりました

お好み焼き屋やで、ここ

 

メイドさん「開いてるお席どうぞーっ☆」

ぼく「あ、はい」

 

 

(フィギュアすげぇ…)

 

外観もスゴかったけれど、中のほうが圧倒的な異世界。とりあえずお好み焼きを注文してビールを飲み始めます。

 

(ここからはしばらくメイドさんとの会話をお楽しみください)

 

 

メイドさん「どちらから来られてんですかーっ☆」

 

僕「あ、滋賀から来ました」

 

メイドさん「滋賀?滋賀って…びわこ!あとは…」

 

僕「あ、えーと、ひこにゃんとか」

 

メイドさん「あー!ひこにゃん!やっべーひこにゃんのこと忘れてたーっ☆」

 

 

彼方「元から知らなかったんだろーが!!」

 

 

僕「!!」

 

メイドさん「うーるせーっ☆」

 

僕「・・・(何だったんだ今の怒号は…)」

 

 

僕「あ、やっぱり広島焼きって呼ぶと怒るんですか?」

 

メイドさん「あー、そういう派閥はいますよね。どっこでそうなっちゃんだろうあいつらは」

 

僕「広島焼き怒る派閥の人たちは、大阪のお好み焼きを何て呼ぶんですか?」

 

イケメン料理人「関西風お好み焼きって呼んでますね。お好みの焼きなんだから、好きにすればいいのに」

 

 

僕「あ、メイドさんは普段からコスプレするんですか?」

 

メイドさん「あー、私はほっとんどしないですねー!」

 

僕「メイド服くらい?」

 

メイドさん「これ?メイド服もコスプレに入るのかー!」

 

僕「(違うんだ…)」

 

イケメン料理人「メイドは料理を給仕をするものですよね。だからこれは制服なんですよ」

 

僕「(変なこと言ってるはずなのに言い返せない…)」

 

 

とまあ、まったりメイドさんとイケメン料理人とお話をしました。

まわりには無言で漫画を読んでいる常連のお兄さんとか、さっきの怒号だけで存在を示したお兄さんとか、不思議もおりました。

僕と話すときは頑張っていたメイドさんも、常連さんと話しているときは超ハイテンションでして、「あ、僕もアニメ勉強しないといけないな」という、ちょっとしたボッチ感も感じました。

 

このアニメ派閥に囲まれて一人寂しくなる感じ。

「俺、ぬるヲタだから…」って感じ、とっても懐かしいです。

 

 

店内は終始アニソンが流れていて、のんびり画面を見ながら食べるお好み焼き、気軽に感じられる異世界、良かったです。 

ちなみにお会計は「メイド料金」なんてものはなく、純粋なお好み焼き代金だけでした。料理代金だけでメイドさんとお話できるなんてリーズナブル。

 

それからはアーケードをまた歩いて、

 

 

銀山町(かなやまちょう)という広島の風俗街を歩きました。

 

 

キレイなおねーちゃんが乗ってる黒塗りのタクシーが大量に通ります。

僕は今までもこれからも風俗にお世話にはならんと思うのですが、こういう異世界を横目に流すのは何となく好きです。

 

普段生活している場所のスグ近くに、自分の知らない異世界がある。

 

 

川がたくさん流れる広島。今日はいい夜だった。

 

今回訪れたお店

 

もみじ亭

お好み焼き:750円 ビール:500円