子連れが喜ぶ天王寺から新世界へ!遊び場・動物園・串カツ全部を子供と一緒に楽しんできました

SHARE

子連れが喜ぶ天王寺から新世界へ!遊び場・動物園・串カツ全部を子供と一緒に楽しんできました

こんにちは。きょーちかと言います。日本全国へ出かけておいしいものと楽しいことを探すブログを書いています。

今回のテーマは「子供と行く天王寺と新世界」

天王寺といえば日本一高いビル・あべのハルカスがあるエリア。
一方で新世界は通天閣を中心に昭和の町並みが広がる観光地。
これらのエリアは歩いて10分と近く、子供とお出かけするのが楽しい場所なんです。

ということで今回は天王寺の遊び場・動物園・串カツを楽しんできましたので、特に良かった場所を紹介していきます。

「てんしば」広大な”都会”の公園

まず天王寺駅を出てスグに広がっているのが「てんしば」です。
広大な緑の芝生が広がっている公園。ただしただの公園ではありません。ピザ屋や雑貨屋が並び、曲芸のイベントなども催されていて、オシャレで賑やかな都会の公園です。

てんしば。端が見えないほどに広く、多くの人で賑わう。

「これが都会の今風の公園なのね、そうなのね」としみじみします。

僕らが訪れた日は涼しく天気も良かった日だったので、人が芝生を埋め尽くすほどの人気でした。
遊び道具を持っていなくても近くのお店で販売してましたし、曲芸を見ているだけでも楽しく時間が過ぎていきました。

そういえば今回は行きませんでしたが、あべのハルカスはショッピングゾーンがかなりでかく、個人的には関西で一番でかいショッピング施設だと思っています。あわせて行くのも良いですね。

「天王寺動物園」家族で楽しめる動物園

てんしばでのんびりとおやつを食べた後は、スグ隣りにある天王寺動物園に行きました。

大人500円、子供250円(未就学児は無料)ながら、人気のライオン、ゴリラ、ゾウなどはもちろん、たっくさんの動物がいます。
子供が一番喜んでいたのはテンジクネズミを触れるコーナーで、テンジクをいつまでも眺めていました(ちょっと怖いのか、あんまり触ってはなかった)。

天王寺動物園のテンジクネズミ。子どもたちに大人気すぎる。

天王寺動物園のテンジクネズミ。子どもたちに大人気すぎる。

ちなみにテンジクネズミの前には「色んな動物のフン」を展示していて、テンジクネズミ並みに子供が群がってました。
「テンジクネズミは自分のウンチを食うんか!?」ってな感じでみんなウンコに大盛り上がり。子供ってウンコ好きだよな。

「新世界」昭和のネオンが光るザ・大阪な町

天王寺動物園は半分くらいを見たあと、天王寺動物園を出てスグの場所にある新世界へ。

「新世界に来たなら、せっかくだし串カツを食べたいな。でも串カツ屋って子供と一緒だと入りにくいかな…」と思っていたら、天王寺動物園から1番近い「味の大丸」という串カツ屋さんが目に入ります。

新世界の串カツ屋「味の大丸」。子供と一緒でも入りやすい。

新世界の串カツ屋「味の大丸」。子供と一緒でも入りやすい。

  • キッズメニューあり
  • キッズスペースあり
  • 天王寺動物園のチケットで10%引き

「子供大歓迎感」があふれているんです。入ってみると店内のほとんどのお客さんが子連れ家族でした。
これは子供を持つ親としては、周りも子連れだと安心します。

サックサクの串カツ。ソースは二度づけ禁止やで。

サックサクの串カツ。ソースは二度づけ禁止やで。

串カツはアツアツでおいしく、子供もサクサク食べてました。座敷も楽でよかったです。何やらたこ焼きを自分たちで焼けるらしく、レジャーとして行くのも楽しそうだなと思いました。

(ただしウチの場合は鉄板を触ろうとするので、たこ焼きはやりませんでしたが…!)

味の大丸
住所:〒556-0002 大阪府大阪市浪速区恵美須東3丁目1−15(MAP
営業時間:11時00分〜22時00分
予約:https://www.hotpepper.jp/strJ001134122/yoyaku/?vos=othpporgzzzzx00000001

あとがき

食後はサクッと新世界のネオンを見て帰ります。

てんしば・天王寺動物園・串カツと、あべのハルカスもあわせれば、1日このエリアで遊べます。
「子供と大阪で遊びたい!」って思ったなら、またこのエリアに来ようと思います。

↓新世界にあるスパワールドは関西最大級のプールと温泉があるので家族で行くのもおすすめです(記事は1人で行ったときのもの)

温泉好き必見!世界の大温泉・大阪スパワールドの休憩室に泊まってきた

↓大阪のたこ焼きを5店舗食べ歩いてきたときの話

【保存版】大阪駅・梅田駅でおいしいたこ焼き屋5つを食べ歩き

↓大阪の人気観光スポットを1日で回り尽くしてきたときの様子

楽しい大阪観光で12スポットを1日で巡る!予算や写真、お得な回り方まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です