浅草のNo.1ゲストハウス「BUNKA HOSTEL」と浅草の夜を楽しんできた

SHARE

浅草のNo.1ゲストハウス「BUNKA HOSTEL」と浅草の夜を楽しんできた

f:id:KyoChika:20170318120045j:plain

 

東京出張のついでに浅草でクチコミNo.1のゲストハウス「BUNKA HOSTEL」に泊まってきました。

本当はカプセルホテルに泊まりたいと思っていたのですが、BUNKA HOSTELはカプセルタイプの個室ドミトリーが売りらしいです。2800円とお安いし。

 

本日のお話は浅草のゲストハウスを起点にした、夜の浅草観光についてです。「浅草に泊まってみたら、こんな夜が楽しめるのか!」と頷きながら読んで頂けると、この上なき幸せです。

 

夜の浅草観光

浅草寺

f:id:KyoChika:20170318120040j:plain

 

18時頃に駅に到着してからは、せっかくなので浅草寺に行ってみました。

夜の雷門はライトアップされていて、個人的には昼よりも好きかも。

 

f:id:KyoChika:20170318120042j:plain

f:id:KyoChika:20170318120043j:plain

 

お昼だったら人でごった返している仲見世通りもご覧の空きようです。

 

f:id:KyoChika:20170318120044j:plain

f:id:KyoChika:20170318120046j:plain

 

僕は「5円(ご縁)」よりは「10(自由)」派なので10円で神様へ感謝を告げて浅草寺はさよならします。

 

商店街だらけ

今まで浅草には3,4回来ているけれど、浅草寺以外をじっくり回ったことはありませんでした。今回は浅草に泊まるということで、のんびり巡ってみます。

そこら中に商店街が張り巡らされていて、歩行者天国だらけ。

 

f:id:KyoChika:20170318120047j:plain

f:id:KyoChika:20170318120048j:plain

 

アジアの屋台村みたいなところもありました。

 

f:id:KyoChika:20170318120049j:plain

 

知らんかった。友だちと来てたら行きたかった。

 

ゲストハウスBUNKA-HOSTEL

f:id:KyoChika:20170318120050j:plain

 

今回泊まるゲストハウスです。限りなくおしゃれです。

 

 

ラウンジで日本酒が色々飲めるみたいでした。

 

f:id:KyoChika:20170318120051j:plain

f:id:KyoChika:20170318120052j:plain

 

「趣味としての日本酒」をはじめてみたいけど、相当な知識が求められそうで、はじめられずにいます。

 

ドミトリールームです。

 

f:id:KyoChika:20170318120053j:plain

f:id:KyoChika:20170318120054j:plain

 

ゲストハウスって「ただの2段ベット」という場所もありますよね。僕あれ苦手なんです。むしろ四角い部屋に閉じこもるのが大好きなんです。

その点このドミトリーはカプセルタイプで密閉式だし、最高ですね。

 

再び浅草観光

浅草牛カツ

f:id:KyoChika:20170318120055j:plain

 

再び夜の浅草へ繰り出します。狙うはもんじゃ焼きの老舗・染太郎です。別視点の松澤さんが紹介していて、最高においしそうだったお店。しっかりチェックして楽しみにしていたんです。

 

と、思ったら

 

f:id:KyoChika:20170318120056j:plain

 

休業していました。明らかなチェック不足…

 

でもまぁここは浅草です。いくらでもおいしいものはあるでしょう。

 

f:id:KyoChika:20170318120057j:plain

 

染太郎に行けなかった僕を迎え入れてくれたのはこちらのお店「浅草牛かつ」です。

 

 

怪しい地下に入っていって現れたのが、これです。

 

f:id:KyoChika:20170318120058j:plain

 

牛カツです。

 

f:id:KyoChika:20170318120059j:plain

 

圧倒的なレアです。

 

f:id:KyoChika:20170318120100j:plain

 

焼きます。

 

f:id:KyoChika:20170318120101j:plain

 

「生肉を食っている」という背徳感がスゴイです。「明日、50人の前でプレゼンするのに大丈夫かな」と思いながら食べると、より緊張感が走ります。

モニモニとした食感のレア肉。塩、わさび醤油と味を変えながら、おいしくいただきました。

 

蛇骨湯、曙湯…銭湯巡り

ゲストハウスの微妙なところは大浴場がないところ。ただ東京のゲストハウスだと大体近くに銭湯があります。「町を1つの宿泊施設」と考えて、ごはんや銭湯を巡るのがmyゲストハウスプランです。

 

f:id:KyoChika:20170318120102j:plain

 

「本当にこんなところにあるのか」と思いながらも

 

f:id:KyoChika:20170318120103j:plain

 

見つけました。蛇骨湯です。と、思いきや

 

f:id:KyoChika:20170318120104j:plain

 

定休日でした。染太郎に引き続きリサーチ不足が目立ちます。というか染太郎の代わりの店を探すときにも思ったのですが、浅草は火曜が定休日の店が多いです。

気を取り直して次に近い銭湯・曙湯を目指します。

 

浅草って意外とキラキラしてますね。

 

f:id:KyoChika:20170318120105j:plain

 

商店街を抜けていきます。

 

f:id:KyoChika:20170318120106j:plain

 

見つけました。曙湯です。

 

f:id:KyoChika:20170318120107j:plain

 

風情が溢れすぎている。

 

 

高い高い天井を見上げると、梅の花が丁寧に描かれています。浴場に入ってみると一面に浅草寺とスカイツリーの絵が。

カランコロンという音が響き、ジャグジーのぼこぼこという音を聞きながら入るアツアツのお湯。コレが良いんですよ。

 

f:id:KyoChika:20170318120108j:plain

 

シメはやはりコーヒー牛乳です。

 

再びゲストハウスへまとめ

お風呂最高でした。ゲストハウスに戻って寝ることにします。

この個室が良いのです。そこらカプセルホテルよりも広いのも良いですね。

 

f:id:KyoChika:20170318120109j:plain

f:id:KyoChika:20170318120110j:plain

 

ただ…まわりのベッドに泊まっていたタイ人さんがスーツケースを広げたまま大きな声でおしゃべりをしていて、かなり気になりました。道通れないし。独特の香水のニオイもかなり気になる。

音は耳栓持ってたので何とかなったけど、トイレに行く度に「通りまーす」って言って通らんといけんし、ちょっと微妙でした。最高の笑顔で「No Problem!!」と言われたのには笑いましたが。すみません。プロブレムです。

 

BUNKA HOSTELでは僕以外の日本人には会いませんでした。確かにオシャレで安いんだけど、最近泊まっている進化型カプセルに比べるとエンタメ感が少なくて、物足りなかったです。

金沢で泊まったHATCHIというゲストハウスはここと同じカプセルタイプだったのですが、カフェのオシャレ感・ご飯の美味しさ・設備の充実度、どれをとっても完璧でした。

期待していただけに、今回のBUNKA HOSTELは良くも悪くも「普通だったかな」といった感想です。安くてオシャレなホテルなんですけどね。

 

浅草観光全体としては楽しめました。特に銭湯、あそこは良かったですね。

現場からは以上です。

 

BUNKA HOSTELの最安値を調べる 

 

浅草の気になるゲストハウス

 

 

浅草の最安値ホテルを探すならコチラから