【最終決定版】「太りたい人が試すべき健康的に太る方法」で実際に6キロ太った

SHARE

【最終決定版】「太りたい人が試すべき健康的に太る方法」で実際に6キロ太った

更新日:2017.8.26/公開日:2015.5.31

突然ですがあなたはこんな経験はありませんか?

  • 「痩せすぎ」「ガリガリ」と言われる
  • 服を脱ぐと骨と皮しかない
  • 夏バテしやすい不健康な体質

私はよくありました…

実は私、昔は身長が168cmあるのに体重が48kgしかなかったんです(男)

健康診断の備考欄には「痩せすぎです。改善してください」と書かれていたのですが、あまりにも毎度のことなので「はいはい」と流していました。

しかし、ある年の健康診断に、見慣れない文字があったんです。それが…

「痩せすぎです。改善してください。境界型糖尿病の恐れがあります」

と、糖尿病!?

震えましたね。なぜガリガリの私が、太っている人にありがちな糖尿病になるのかと…

そうしてガクガク震えながら産業医のところへ行ってみたところ、「痩せ型の人は体の分母が小さい分、血糖値がブレやすいんだよ!!気にしなくていいよー!!」と一蹴されました。

ただし安心したのもつかの間。産業医が、「でもこのまま痩せすぎが続くと、成人病や最悪の場合は早死にのリスクが高まるね。できれば太ったほうがいいよ」と言ってきました。

さすがは医者。

恐ろしいことをさらっと言ってくれます。

しかしこのとき、遂に私は決意したんです。

「太ろう」と。

世の中はダイエット情報であふれています。しかし太る方法というのは本当に見つからなかった。痩せ型の悩みは誰にも理解してもらえず、ダイエット中の人からは「太りたい?嫌みなの?」と言われる始末。

そこで私は健康や食事、運動の本を読み漁り、「健康的に太る方法」を調べて試しまくりました。

その結果、48kgだった体重は54kgにまで太ることに成功し、やっと健康な体を手に入れたのです!

この記事では私と同じ「太りたい」という悩みを抱えているあなたのために、太る方法をまとめてみました。単純に太るのではなく「健康的に太る方法」です。大事なエッセンスを紹介しつつ、ところどころで太りたい人に参考になる詳しい本も紹介します。

この記事の目次はこちらになります。

まず「太る方法」を知る前に「太る仕組み」を理解してもらいます。簡単なことですが、ここがしっかりすることで後々ラクに太れるようになります。

「太る仕組み」がわかったら、「体質改善の方法」を伝授します。痩せづらく、太りやすい身体にする方法です。太りたい人、必見です。

その後は「健康的に太る食べ物」「健康的に太る運動」についてまとめます。太りたい人が気をつけたほうが良いことを書きました。

ぜひ最後まで読んでいただいて、「太りたい!」という願いに答えられたらと思います!よろしくお願いします!

太る原理痩せる仕組みを理解する

まずは健康的に太る方法を知る前に、太る仕組みを知っておきましょう。

太るメカニズムを単純化してみると、

「食べたエネルギー」ー「使ったエネルギー」=「太る」

という式で表せます。

このことから健康的に太る方法は大きく2つに分けられます。

  1. 太るために必要な、体が取り入れるエネルギーを増やす方法
  2. 痩せないために気をつけたい、体が使うエネルギーを減らす方法

太りたい人は、まずこの2つの方法を大事にしてください!

太るために必要な摂取エネルギーを増やす準備

「それでは摂取エネルギーの大きい食事についてお話しましょう!」

といきたいところですが、まずはエネルギーを楽に取り入れるための準備が必要です。この準備によって前よりも食べられるようになり、エネルギーを吸収しやすい健康体になれます。

その準備とは胃腸の改善です。

胃腸が悪ければ食欲が湧かず、そもそも健康的に太るために必要なエネルギーも取り入れられないからです。

太るために重要な「胃腸を良くする方法」については4つのポイントが重要です。

  1. 冷たい飲み物を控える
  2. 生野菜を控える
  3. サプリを使った体質改善
  4. ストレスをためない方法

それぞれ詳しくまとめていきます。

1. 冷たい飲み物を控える

体を冷やすと、胃の調子が悪くなってしまいます。

健康のためだけでなく、太りたい人はコーラなどの清涼飲料水は控えたほうがいいです。

また牛乳も控えてください。市販の牛乳の多くは低温殺菌されており、栄養がほぼ死んでいます。

家で飲む場合も冷たいまま飲むと胃に悪い影響を与えるし、温めると栄養が死ぬので、世の中の人が言うほど牛乳は良くありません。詳しくは食のベストセラー本・シリコンバレー式 自分を変える最強の食事に書かれています。

「そんなに禁止されたら何を飲めばいいの?」というと、太るにはあたたかいお茶が良かったです。温かい飲み物が胃腸を常にいい状態にしてくれるので、太るだけでなく健康体になるんです。

2. 生野菜を控える

果物や生野菜は健康に良い食べ物です。しかし体を冷やす効果もあるため食べ方には注意が必要です。特に生野菜はそのまま食べるとレクチンという植物毒素を体に入れてしまうので健康によくありません。

太りたいなら「野菜は湯でて食べる」ことをおすすめします。

3. サプリを使った体質改善方法

健康的な食べ方をしていても、太るために必要な栄養素をピンポイントに取り入れるのは難しいです。そのため普段の食事で取り入れづらい栄養素は太るサプリで補うのが良かったです。

サプリはあくまでも食事の栄養吸収を良くする補助食ですので、しっかりご飯を食べることが効果を出すために大事なことなんだと思ってます。

f:id:KyoChika:20170813143653j:plain

最近の2年間で実際に3つのサプリを使いましたので、効果を感じられた順に紹介します。

1位 プッチェ

f:id:KyoChika:20170905204047j:plain

1番効果が感じられたのがプッチェという食前に飲むタイプのサプリです。最近夏バテで痩せ気味になっているので、こちらは現在も使っています。ゴツゴツに見えていたあばら骨に肉が付き始め、プールや温泉に行っても友だちから「骨じゃん」って言われなくなりました。

2位 ファティーボ

f:id:KyoChika:20170613061735j:plain

次に良かったのはファティーボです。胃腸を良くする酵素が含まれているのが特徴で、ファティーボを飲み始めてからはお腹が空きやすくなり今までよりもご飯を食べられるようになりました。値段も比較的お手頃です。

3位 プルエル

f:id:KyoChika:20170905213158j:plain

最後はPLUEL(プルエル)です。こちらは初めて使ったサプリだったのですが、3カ月ほど使って少しだけ体重が増えたんだったと思います。

4. ストレスをためない・解消する

ストレスも胃腸を不健康にする原因なります。私は会社でストレスを感じていた時に食欲がなくなりやすかったです…

健康的に太るにはストレスを減らさないとダメなんです。ストレスをためない方法について重要なポイントは2つです。

  1. 「しっかりと休む」 睡眠がストレスを解消する一番の方法です
  2. 「忘れる」 不安なことや嫌なことがあっても、自分の好きなことに熱中しました

ストレスを解決するのは非常に難しいと言われています。私もそうでした。いくつかの本を読む中で参考になったのが、ベストセラーにもなった嫌われる勇気という本でした。

特に対人関係で悩んでいる人や、自分に劣等感を感じる人には参考になる部分が満点です。太りたい人にもおすすめの本です。

胃腸を健康的に整えるには時間がかかります。体というのは半年前に食べたものでできています。つまり健康体へと体質を改善するのにも長い時間を要するのです。

しかし体質改善に力を入れることで効果の出方が大きく変わります。太りたい人は体質改善をしっかりしておくと、健康的に太るようになっていきます。少しずつでいいので進めていきましょう!

食べ物で健康的に太る方法

太る準備ができたところで、お待ちかねの「食べ物編」に入っていきます。食べ物は健康にとって非常に重要なポイントです。

ここでは3つの方法をお話します。

  1. 3色をしっかり食べる
  2. 特に夕食の量を少しずつ増やす
  3. ごはんを重点的に食べていく

それぞれ詳しくまとめていきます。

1. 三食を食べる

私がそうだったのですが、朝ごはんを食べていませんでした。健康診断で言われることと同じで、太る食べ方では三食をバランス良く食べることが重要です。

寝る前だけたくさん食ても太るわけではないんです。不健康な痩せ型の人は特に太りません。

今まで朝食を食べていなかった人は、まずは「食べやすくてエネルギーの大きい果物」などを食べるのがいいでしょう。ちなみに私のオススメはフルグラです。

フルグラは世間的にはダイエット食品とされていますが、調べてみると実は結構なエネルギーが入っていました。食欲がわかないときも食べやすいので太りたい人にはピッタリです。

2. 夕食の量を増やす、けど食べ過ぎない

ダイエットする人は夕飯を抜く、の逆で太りたい私たちは夜の食事量を増やします。夜はエネルギーの吸収率がアップするのです。

一方で食べ過ぎも控えなければなりません。食べすぎで胃もたれをしてしまうと、翌日の食欲がなくなってしまうからです。

こってりとしたラーメンを食べた翌日に食欲がなくなってしまうのと同じですね…

太りたいならば胃に負担がかかる食事はお昼に食べましょう。

3. 「ご飯」の量を増やす

食べる方法がわかったところで、何を食べれば太るのでしょうか。

結論としては白米の量を増やしてください。炭水化物ダイエットという方法を聞くと思いますが、太りたい私たちは逆をいくのです。

ご飯には炭水化物の他にも健康に重要な多くの栄養素がつまっています。ご飯は太るだけでなく健康にも良いのです。

健康的に太る運動の方法

太るためには「運動をしない」のが一番です。しかし全く運動しないのは健康によくありません。適度な運動として「痩せづらい運動」の方法が大事になってきます。

痩せづらい運動のポイントは非常に簡単です。マラソンや水泳などの有酸素運動をやめ、腕立て伏せやスクワットなどの無酸素運動、つまり筋トレを増やしていくのです。

筋肉を増やすことが健康的に太る方法です。無酸素運動でガンガン筋肉を増やしていく方法はへやトレという本がおすすめです。

同じスポーツ選手だとしても、良く走る有酸素運動タイプのサッカー選手は痩せ型が多いですが、あまり動かない無酸素運動タイプの野球選手はガッチリした人が多いですよね。

さらに太りたい人はスポーツをした直後にプロテインを飲むと効果的です。プロテインといってもそんな簡単には筋肉ムキムキになりません。

太ることを意識した効果的な飲み方は3つです。

  1. 飲むタイミングは運動直後にする
  2. 有酸素運動ではなく無酸素運動(筋トレ)のあとに飲む
  3. より効果を感じたい場合は寝る前にも飲む

ただし3つ目の「寝る前」に飲むのは体質にもよっては睡眠に悪い影響を与えます。一度試してみて、体に合うかを確認してください。

こちらの記事に「効果的に太るプロテインの飲み方・選び方」をまとめました。

あわせてどうぞ!

保存版健康的に太る7つの習慣

最後に健康的に太るための学びを7つの習慣としてまとめて終わりたいと思います。

  1. 冷たい飲み物・カフェイン・生野菜を控える
  2. よく眠り、健康体になる
  3. ストレスを忘れられる趣味や散歩の時間を作る
  4. リラックスできる半身浴をする
  5. 三食しっかり食べる
  6. 夜に白米を食べる量を増やしていく
  7. 有酸素運動を減らし、無酸素運動を増やす

健康的に太る方法を試してみて、バテにくい体を作りましょう!

以上、「太りたい人が試すべき健康的に太る方法」でした!

実践編はこちら!