【盛岡グルメレポ】盛岡冷麺、発祥の店「食道園」は冷麺も焼肉も最高だった

SHARE

【盛岡グルメレポ】盛岡冷麺、発祥の店「食道園」は冷麺も焼肉も最高だった

盛岡3大麺料理。わんこそば、じゃじゃ麺、そして盛岡冷麺

盛岡に来る上で私が一番楽しみにしていたのって、この盛岡冷麺なのです。
焼肉屋でバイトをしていたときに食べた盛岡冷麺がほんとうにおいしくて、そのときは「スーパーで売っている冷麺って何だったんだ…」と驚愕したのを覚えています。

そんな盛岡冷麺が生まれた店「食道園」に家族3人で行って来ました。

この記事では食道園の魅力やおすすめメニュー、アクセスについてまとめています。

食道園とは

食道園は盛岡の繁華街中にある焼肉屋さんです。
盛岡冷麺発祥の地と言われており、冷麺好きの僕としては絶対に外せない店舗だと思っていました。

焼肉もうまい「食道園」

今回は料理と一緒にコーラ(200円)を頼みました。

こうやってビンに入って出してもらえるだけでワクワクします。

奥さんとコーラを注ぎ合いながら料理を待っていると、キレイなお肉が運ばれてきました。

カルビセットはライス、スープ、カクテキ、卵がついて1400円です。

卵っていうのが気になりますね。何だかすき焼きみたいな感じだ。

ジュー、ジューって焼いている焼肉の照りがものすごくキレイ。

冷麺食べに来たけれど、文化としては「焼肉屋さんの冷麺」なんですよね。

焼肉も味わったほうが絶対にいい。めっちゃおいしそうだ…

焼き上がったカルビをごはんの上にのせる前に、卵にくぐらせるのがなんとも珍しいです。
まるですき焼きみたいなワクワク感をくれるだけでなく、味はスッキリとしていて上品でまろやか。

てっきりすき焼きみたいな砂糖の甘味があるのかと思ったのですが、肉の脂とサラリとした焼肉ダレの味が口の中でまろやかに溶け合います。うめぇ…

冷麺を食べに来たけれど、焼肉もかなりの感動モノでした…

盛岡冷麺は感動的なおいしさ

そうこうしている内に運ばれてきたのが盛岡冷麺(900円)

思い起こせばバイト先の焼肉屋で盛岡冷麺をはじめて食べたときはかなりの衝撃を受けました。
私が働いていたお店って1人8000円くらい使う高級焼肉店だったのですが、そこの冷麺が盛岡冷麺だったんですよね。

あまりにも感動しすぎて同じバイト先の友だち3人で盛岡まで冷麺を食いに行ったんですよ。
それくらいの衝撃がありました。

麺は噛みきれないけれど、それがまた癖になる独特の食感。
スープに溶けたカクテキの爽やかな辛味、そこに麺を絡めていただくのが最高に幸せなんです。

スープもあっさりとしてスルスルと飲めるんだけど、なんだろう、胃のなかでもう一度スープとして蘇るような、満たされ尽くす満足感があるんです。

なんだか「噛みきれない麺」に「圧倒的存在感のスープ」と書いていたら、そのまま胃の中で冷麺が復活しそうな感じですね。
消化には正直良くないのかも…w

だけどそんな消化のこととかは気にしてらんないくらいにうまい。
やっぱり盛岡冷麺は大満足の一品でした。

アクセス・駐車場

盛岡駅から徒歩15分の場所にある繁華街の中にあります。

繁華街は予想以上に栄えていて、正直もっと人がいなくて廃れていると思っていました。
ごめんなさい。

食道園はメイン通りから一本入った静な場所にありました。
駐車場はないので近くのコインパーキングを使いましょう。

>>>食道園周辺の駐車場 [NAVITIME]

予約方法・行列の待ち時間

食道園は予約不可のお店です。

9月の上旬そんなに暑くない季節に行きました。
満席のときは外に並ぶこともあるので、虫除けスプレーを持ってったほうがいいかもしれませんね。

店舗情報・定休日

関連ランキング:冷麺 | 上盛岡駅

子連れOK・個室

夫婦と0歳児の家族3人で行ったのですが、ほとんどの席がテーブル席です。

私たちはベビーカーで来ていたのですが、それを考えてくれたのかテーブル席に案内してもらえました。
席を1つ外してもらってそのままベビーカーを入れることができ、「あ、このお店は子どもを受け入れてくれるんだな」と安心できましたね。

まとめ:食道園で冷麺と焼肉を楽しもう

食道園は冷麺発祥の地の名に相応しいおいしさでした。
普段は食べれない独特な味の冷麺。
またすぐにでも食べたくなってしました。

以上「【盛岡グルメレポ】盛岡冷麺、発祥の店「食道園」は冷麺も焼肉も最高だった」でした。

岩手観光 カテゴリーの記事一覧

>>>次の盛岡グルメはこちらの「【盛岡観光レポ】「小岩井農場」で食べる大自然のおいしいものたち【岩手観光】」がおすすめです。ぜひ合わせてご覧ください。